クロフォード vs ポーターの勝敗はベタな予想に(苦笑)。それでも試合は楽しみ

ボクシング

今週末にWBO世界ウェルター級タイトルマッチ、テレンス・クロフォード vs ショーン・ポーターが行われます。
ボクシングが大好きなファンなら楽しみなカードだと思いますが、一般的にはそれほどでもないのかも(苦笑)。

 

私は楽しみです。
P4Pで世界トップ3に入る(であろう)クロフォードの試合なので、それだけでもう。

予想はベタになりましたが(苦笑)、どういう展開でどういう決着になるのかは楽しみです。

 

 

申し分ない相手

クロフォードの対戦相手、ショーン・ポーターは強い選手です。

対戦成績は、これまで35戦31勝(17KO)3敗1分。
負けた3人の相手も、ケル・ブルック、キース・サーマン、エロール・スペンスJr.と実力者ばかり。しかも判定での惜敗ばかり。

37戦全勝のクロフォードの対戦相手として申し分ない実績です。
ダウン経験はあってもKO負けをしたことはないので、今回もいい試合になるのではないかと期待しています。

 

クロフォードの負ける姿が想像できない…

ただ、クロフォードが負ける姿が今は想像できません。

 

個人的な印象としては、懐が深く、距離感が抜群に優れていて、隙がない感じです。
相手は対峙した時に、攻め手がなかなか見いだせないのではないかと思います。

 

攻撃では、時々大振りのフックやアッパーを繰り出すのですが、これが的確に相手のアゴやテンプルを捕えているのでピンポイントで狙っているのでしょう。
相手は間違いなくやりにくいでしょう。

 

有効打をもらったことがほとんどなく、無敗なのも納得の強さです。
個人的にはP4Pランキングでトップ3に入ると思っています。
(その他は、井上尚弥選手とカネロ・アルバレス)

 

それだけに、負ける姿が想像できません。
アクシデント的に強烈な一発が入れば…という感じでしょうか?

 

ベタベタな予想になった(苦笑)

勝敗予想は、7~10RでクロフォードのKO(TKO)勝利と予想しています。

「クロフォードのKO勝ち」はベタな予想でしょうね(苦笑)。

 

もちろん試合はやってみないと分かりません。
ただ、やっぱりクロフォードの負けは想像できないなぁ…。

 

クロフォードは必ずしもバチバチ打ち合いに行くファイトスタイルではないですが、距離をとりながら的確に相手にダメージを与えて倒していくところが素晴らしいと思っています。

なので、今回の試合もどうやって倒すか、どうやって勝つのかが楽しみです。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール