NBAオールスターゲームの選手選考方法が変わるらしい

毎年2月に行われるNBAオールスターゲーム。
かつて(10年以上前)は毎年楽しみに見ていたものですが、最近は選手の真剣さがなさすぎてガッカリして見ています(苦笑)

そんなところに、選手選考方法の変更があるとのニュース。
これはちょっと面白そうです♪

こう変わるらしい

2015年までは

・東西両カンファレンスのスターター5人(ガード2人、フロントコート3人)をファン投票で選出
・リザーブ選手はヘッドコーチの推薦により選出

でした。

(ヘッドコーチは、東西各カンファレンスの最高勝率チームのヘッドコーチがやる。ただし、同じ人が2年連続で務めることはなく、2年連続となってしまう場合は、次に成績の良いチームのヘッドコーチがやる)

2016年から今年までは

東西両カンファレンスのスターター5人(ガード2人、フロントコート3人)を「ファン投票50%、メディア25%、選手25%」のウェイトで選出(詳細はこちら
リザーブ選手は従来どおり。

でした。

それが2018年からは

「ファン投票50%、メディア25%、選手25%」のウェイトで投票を行うのは変わらないものの、その投票による東西の最多得票選手が【東西に関係なく】ドラフトで選出する

ことになるそうです。

今年(2017年)のオールスターを例にとると、EASTではレブロン・ジェームズ、WESTではステフ・カリーが最多得票選手でした。

この場合、レブロンとカリーがそれぞれ自分のチームメイトにしたい選手をドラフト指名していってチームを作る、ということのようです。
(これを書いている時点では、指名選手がかぶった場合にどうするか等は不明)

東西に関係ないチームを作れるようなので、「EAST vs WEST」ではなくなり、「チーム○○ vs チーム△△」みたいな感じになりそうです。

ここが面白そう

まず「最多得票選手が誰になるか?」がカギになりそうです。

EASTはまぁレブロンでしょう(笑)

しかし、今季のWESTは予測不能です。
カリー、ハーデン、ウェストブルック、デュラント、ジョージ、レナード、デービスあたりで票が割れるんじゃないかと。

自分の味方にしたいと思う選手は選手それぞれだと思うので(普段マッチアップしている選手と組んでみたいと思う人もいれば、絶対ヤダという人もいるはず)、いろんな可能性がありそうです。

何より東西関係なく選出できる、というのが面白そうです。

レブロンとカリーが最多得票選手になったと仮定すると、レブロンが、WESTのカーメロやジョージ、ウェストブルックを指名することができ、カリーがEASTのカイリー・アービングやジョン・ウォールを指名することができます。
(もちろんレブロンとカリーがそれぞれEAST、WESTの選手ばかり選ぶ可能性もあるし、同じチームの仲間ばかり選ぶ可能性もあります(^^;))

今までだと、ファン投票の中間結果を見て

「ああ、今年はこういうチームかな」

という大方の予想がついたのが、これからは最後まで「どうなるんだろう?」というナゾに包まれるのでチーム発表もゲームそのものも新鮮になりそうです。

とにかく期待しているのは一つだけ

選出方法が変わるのは面白そうではあるけれど、個人的には「そこじゃないんだよ」というのもあります(苦笑)。

変わってほしいのは、とにもかくにもゲーム内容。

本気度のある勝負をしてほしいです。

最近のオールスターは、選手がお互いにケガの心配もあるのでしょうけど、ユルすぎです。
まともにディフェンスしないので、ダンク&3ポイントのお披露目会状態。

「オールスター最多得点記録更新!」って、そんなユルさならそりゃ可能だろうと(苦笑)

以前書きましたが、チーム構成に関係なく10年以上前のような熱いゲームが見たいです。

NBAオールスターゲーム。たまにはガチ感のある試合をしてほしい(笑)
今週末(日本時間では来週月曜日)にNBAオールスターゲームがあります。 オールスターゲームはお祭り的な意味合いの強いイベントなので、ほぼ毎......

なんなら、負けたチームに罰ゲームなんかがあれば、選手もピリピリして盛り上がるんじゃないかと思うのですが、そこまではさすがに無理そうですね…(^^;)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応。もちろんアマチュアレベルで(笑)。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンではサブ3.5を目指すサブ4ランナー。東京マラソン11年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする