BlackBerry KEYone Black Edition発売決定。「買っちゃえよ」という心の声との戦い(笑)

先週ですが、BlackBerry KEYone Black Edition、つまりKEYone黒バージョンの日本発売が正式発表(決定?)されたようです。

まだKEYoneを購入していない人にとっては「シルバーと黒、どっちにしよう?」という迷いが生じるでしょうけど、すでにシルバーを買ってしまった自分にとっては「黒も買っちゃうか?」と、悩ましいところです(苦笑)

違いは「色」だけじゃないのが悩ましいところ

違いが「色だけ」なら、

「まあいいか。シルバーもなかなかいいじゃないか」

と思えたのですが、今回発売する黒バージョンは色だけ違うわけではありません。
違いはというと…

・メモリー(RAM) 黒4GB ⇔ シルバー3GB

・容量(ROM) 黒64GB ⇔ シルバー32GB

・価格  黒79,800円 ⇔ シルバー69,800円
(※消費税別)

色とこの3点です(どうもDSDS(Dual SIM Dual Standby)対応ではなさそうです)。

黒の方がスペックアップされているのが引っかかるのです。

これから買う人は、

「黒であること+メモリー多めなことの対価が10,000円」

と考えて選択すればいいでしょう。

これだけでも少し悩ましいところですが、すでにシルバーを買っている自分は、黒がスペックアップされていることを知って

「やべえ。ほしい…」

となってきたのです(苦笑)

冷静に考えてみた

「初めから黒バージョンも出しとけよ~!!」

というのがホンネですが(笑)、メーカーのTCLの販売戦略にまんまとハメられたのかもしれません(苦笑)

ともあれ、「自分が買うかどうかの決定は冷静に考えよう」ということで、まずは「必要かどうか」という観点で考えてみました。

 色

「必要性」という点では、どうでもいいですね(笑)
「黒じゃないと困る」、「シルバーだとアカン」という場面はゼロなので。

メモリー

「3GB→4GB」は数字的にインパクトの大きさを感じるのは確かです。
ただ、自分のこの2か月間のKEYone使用状況を見てみると、「メモリーやべぇ」という状況にはなっておらず(だいたい2.1~2.2GB)、今後もクソ重いゲームをしない限りは3GBでも十分行けそうだなぁという感じです。

「1GBの余裕」は魅力的ではあるけれど、「なきゃ困る」というレベルではないなぁ…と。

容量

倍増と考えると「おお!」と思うのですが、写真や文書等のデータはmicroSDカードに保存可能なので(microSDカードは最大2TBのものまで使える)、これも大丈夫だなぁと。

あれこれといろんなアプリを使うようになれば少し気になるかもしれないけれど、現状まだかなりの余裕があるので、これも「なきゃ困る」というレベルじゃなさそう。

以上を踏まえると、「必要性」という点では自分が黒バージョンを買うという選択肢はないと言えます。

でもねぇ……、かっこいいんだよなぁ、黒(苦笑)

やっぱBlackBerryは真っ黒が映えるんだよなぁ(笑)

もうちょい検討することにした

結局「かっこいい」が悩みの種なのですが(苦笑)、もうしばらく「買うか買わないか」を検討してみることにしました。

近々iPhoneの新型も発表・発売されるようだし、それも見て決めようかと。
(iPhoneが素晴らしかったら、そっちを替えたくなるし)

もし買えば、確実にネタとして書くでしょう。
ということで、そういった類の更新が長期間ない場合はお察しいただければ(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応。もちろんアマチュアレベルで(笑)。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンではサブ3.5を目指すサブ4ランナー。東京マラソン11年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする