NBAファイナル2017終了。予想はハズレたけど「4年連続同一カード」を予言しておく(笑)

昨日、NBAファイナル2017が終了しました。
4勝1敗でゴールデンステート・ウォリアーズ(以下、GSW)の勝利。
4勝3敗と予想し、しかも「スウィープや4勝1敗のような圧勝にはならないだろう」と見ていた私の目論見は見事にハズレました(苦笑)

やっぱりGSWは強かった

シリーズ全体を通じて思ったのは、

「CLE(クリーブランド・キャバリアーズ)がどうこうでなく、ただただGSWが強かった」

ということです。

心境としては、PRIDE25でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとエメリアーエンコ・ヒョードルの初対戦を観戦した時に

「ノゲイラがどうこうじゃなく、ヒョードルが強かったなぁ」

って思ったのと同じ感じ(笑)

今年のプレイオフ全体で16勝1敗というのは、驚異的です。
そもそもレギュラーシーズンも67勝15敗という歴代上位に入る成績だったので、終わってみれば「勝つべくして勝った」と言わざるをえません。

スターターだけでなくベンチメンバーも2ケタ得点したゲームもあったので、総合力で上回っていたということでしょう。

「誰かが特別凄かった」というよりも、チーム全体のパフォーマンスが良かったのが勝因として大きいなと。

敗れたキャブスをますます好きになった

一方のCLE。カンファレンス・ファイナルまで12勝1敗という申し分ない超好成績だっただけに期待していました。
ただ、3連敗して「こりゃGSW凄いわ」となってからのゲーム4は素晴らしかったです。

カイリー・アービングに惚れ直しました(笑)
NBA入り当初はそんな高い評価をしていなかったけれど(苦笑)、去年、今年と素晴らしく、PGではウェストブルックの次に好きです。

ファイナル終了後のコメントにもしびれました。

「負けて悔しいのは当然のことさ。たくさんの決意をもって、再び夏のキャンプに励むつもりだ」

「数週間の休みを取ってから、バスケットに戻ることを楽しみにしている。彼ら(ウォリアーズ)は素晴らしいチームだ。打ち負かされたが、俺たちも必ず復活して再び戦う準備を整えていくつもりだ。今は闘志を燃やしているよ。それを感じる。今回のシリーズではいくつか課題が見つかったが、ここから成長するしか道はない」

レブロンもやっぱり凄い。
シリーズ平均でトリプルダブルっていうのも凄いけれど、ファイナル5試合のうち2試合で46分以上プレーしたというのがもう…(汗)
文字通り「全力を尽くした」と言えるし、疲れも衰えも見せないので、まだ進化するんじゃないかと…(汗)

超人的活躍のレブロン、無念のファイナル敗北も「全力尽くした」

レブロンとアービングの奮闘は素晴らしく、ゲーム5が終わってロッカールームに引き揚げる時も2人でハグして健闘を称え合っていた(リベンジを誓い合っていた)のが印象的でした。

チーム全体の雰囲気も、随所に見せる速いパスワークも好きで、今回のファイナルで敗れたものの、ますます好きになりました。

CLEに勝てるのはGSWだけ。GSWに勝てるのはCLEだけ。

今回のファイナル、私の予想は見事にハズレましたが(苦笑)、一つだけ確信しました。

来季の優勝候補筆頭は、GSWとCLEの2チーム!

ファイナル終了後の記者会見で、すでにCLEのティロン・ルーHCもレブロンもアービングも来季に向けてメラメラしている感じだったし、「スターター+2~3人」ではGSWには勝てないというのが分かったと思うので、チーム全体の底上げを徹底するだろうなぁと。

来年はまた強くなるでしょう。
で、イースタン・カンファレンスでは敵なしだろうなぁと。

GSWは主力の放出がない限り盤石でしょう(実際なさそう)。
ウェスタン・カンファレンスでは負ける気がしないんじゃないかと…(汗)

ということで、来年のNBAファイナルも同一カードになると予想しておきます(笑)
同じカードが続くのはヤダという人もいるでしょうけど、個人的にはこのカードならまた見たいです。

来季が楽しみ。
今季のファイナルが終わってまだ24時間も経っていないのに(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする