シーズン最終節にお披露目される来シーズンのユニフォーム。やっぱり当たりハズレがある(笑)

欧州各国のリーグ戦がほぼ全日程終了し、今シーズンの残りは欧州CLの決勝戦のみとなりました。
シーズン終盤は優勝争いも盛り上がるポイントに一つですが、優勝チームが決まっていても注目していることが一つあります。

来シーズンのユニフォームのデザイン

それは、シーズン最終節(厳密にはホームの最終戦)にお披露目される来季の新ユニフォームです。

イタリア(ミラン、インテル、時々ユーべ)やドイツ(バイエルン)、フランス(PSG)あたりは毎年のようにお披露目しているので、このタイミングで来季のユニフォームがどんな感じかが分かります。
リーガ・エスパニョーラ(スペイン)やプレミアリーグ(イングランド)にないのは、リーグの規定によるものかと推測しています(シーズン通して同一デザインじゃないとダメ、みたいな)。

そのため、来季の新ユニフォームのデザインをチェックするのですが、やっぱり年によってデザインの当たり/ハズレがあります(苦笑)
「カッコいいなぁ。これは欲しいなぁ」と思うデザインもあれば、「ハズレ。これは絶対ヤダ…」と思うものもあります。

今季最終節を見て後者に該当したのは、インテルでした(苦笑)

そして、既にネット上で公開されているバルサも同じく……
(スポンサーではなく、デザインが……)

ナイキのタテジマ(ストライプ)はネタ切れか?

今回来季のユニフォームを確認したのは、以下のチーム。

ミラン、インテル、バイエルン(ホーム最終戦で)
ユーべ、レアル、バルサ、PSG、チェルシー(ネットで)

ミランやバイエルン、レアル、PSGは、「まあこんなもんかな」と(笑)
ユーべはロゴの使い方に「おお。なるほど~」と(笑)
チェルシーは来季からナイキになるのでフレッシュな印象。

で、インテルとバルサには「え?……」(苦笑)

この2チームに共通するのは、

・ユニフォームのデザインがタテジマ(ストライプ)であること
・長いこと(15年以上)サプライヤーがナイキであること

です。

毎年のようにデザインを変えているので、ネタ切れ感を察せずにはいられません(苦笑)
個人的な好みの話ですが、「年々ダサくなっている」感じがしています。

素材や縫製が改良されて、選手のパフォーマンスに好影響をもたらしている面もあるのでしょうけど、もう少しカッコよくならないかなぁと(笑)

たまに「おお!今度のやつはいいじゃん!」という当たりのシーズンもあるのですが、そのデザインは1年しか使われないし、そういう年に限って翌年は残念だったりします(苦笑)

強いチームほどデザインのカッコよさにこだわってほしい

バルサもインテルも、かつては「これは最高!」と思うデザインのシーズンがありました。

バルサなら、99-00シーズンの100周年記念モデル(「RIVALDO #11」を買いました)

インテルなら、09-10シーズンモデル(CL制覇したときのやつ)

「あんなカッコいいユニフォームを過去に作っていたのに、なんなんだ今のは!」

と感じずにはいられないのです(笑)

個人的には、過去のものと同じデザインであってもいいと思っています。

バルサなら、昔とはスポンサーのある/なしで印象が変わってくると思うし、例えば今100周年記念モデルと同じデザインにしたら、

背番号4:グアルディオラ→ラキティッチ
背番号8:コクー→イニエスタ
背番号9:クライファート→スアレス
背番号10:リトマネン→メッシ
背番号11:ヒバウド→ネイマール

といった変化も見られて、それもまたいいんじゃないかなぁと思うのです。

スポンサーが「RAKUTEN」になったって、それは別にいい(笑)
でも、強いチームほどユニフォームのカッコよさは大事じゃないかなぁと思います。

来々季に期待(笑)

ユニフォームが毎年リニューアルされるようになったのは、この10年(もっと?)ぐらいのことかと思います。グッズの売上をコンスタントに得ることがチームとサプライヤーの共通の目的だと思うのですが、

「デザインがイマイチなシーズンは売れないのでは?」

とも思います。

実際どうなんだろう?

ともあれ、バルサとインテルについては、もう来々季に期待しようかと(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士