外国人選手の名前。日本でしか使われない短縮呼称は使わないようにしている

日本では、外国人選手の名前を短縮した呼称にするケースが多いです。

「クリスティアーノ・ロナウド」を「クリロナ」とか、「ロベルト・カルロス」を「ロベカル」とか。

日本のマスコミが使い始めているものがほとんどでしょうけど(字数の関係で?)、私は使わないようにしています。

いい響きの呼び名がない(苦笑)

まず、「いい呼び名だなぁ」と思うものがないからです(苦笑)
「ロベカル」だとなんか軽そうだし(たしかに動きは軽快だけれど、左足から放たれるキックは重い!)、「クリロナ」はなんか微生物の名前みたいで(それはクリオネか(^^;))…

短縮することで書きやすいとか字数の節約ができるというメリットはあるのでしょうけど、個人的に好きになれません(苦笑)
ファーストネームと名字を2文字ずつとったものが多い印象ですが、どうも安易だなぁと(笑)

サッカーに限らず、「ブラピ」とかもちょっと…
本人が「俺のことを「ブラピ」って呼んでくれ」って言っているのならいいですが(笑)、どうもカッコいい感じがしないし、おそらくそこに敬意があるわけでもないでしょう(笑)

世界共通の呼び名ならいいけれど…

長い名前を省略したいというのは分かります。
例えばバスティアン・シュヴァインシュタイガーは、名字だけで「シュヴァインシュタイガー」と12文字。日本語でなくても「Schweinsteiger」と長いです。
でも、シュヴァインシュタイガーならドイツで「Schweini(シュヴァイニ)」というニックネームがあるみたいだし、日本でもそれで十分通じるでしょう(おそらく他の選手とかぶらないでしょう(^^))

ズラタン・イブラヒモヴィッチは、日本でも海外でも「イブラ(Ibra)」なので「イブラ」でいいと思っています。もしも「イブラ」というのがなかったら、日本では「ズライブ」とか言われていたんじゃないかと…(汗)

クリスティアーノ・ロナウドは、「CR7」とか「Cris(クリス)」とか「Ronnie(ロニー)」とかのようです。私は「CR7」にしています
(「クリス」だと結構かぶりそうだし、「ロニー」はブラジルのホナウド(ロナウド)とかぶるので)

「クリロナ」や「ロベカル」は、多分日本でしか通じないし、日本人の中でも「へ?」という人もいるでしょう。
それと、ずっと「クリロナ」とか「ロベカル」といった呼称を使っていると、それしか出てこなくなるかもしれないなぁと(笑)。もう若くないので(苦笑)、咄嗟の時でもちゃんと名前が出るようにしておきたいというのもあります。

もちろんご本人が「俺のことは「クリロナ」って呼んでくれ」って言っているなら、そう呼びますけどね(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする