我が子とのランは距離やペースに関係なく充実した気分になれる

普段のラントレは一人で、自分の設定したペースで、自分の設定した距離だけ走るのですが、先週末は小学3年生の娘と走りました。

いや、「走ることができました」の方が正しいです(笑)

私から「走ろう」と誘ったわけではなく、娘の方から

「パパ、朝走るの?じゃあ私も走る」

と言い出しました。
なぜなのか聞いてみると、体育や遊びでクラスのお友達に走り勝ちたいという、ただそれだけのようでしたが(笑)、

「とうとうワシとトレーニングする気になったか」

と、矢吹丈がやる気になったことを喜ぶ丹下団平のような気持ちで(笑)一緒に走りました。

まだ小学3年生。キロ6分ペースで5km以上はキツイだろうということで、キロ7分のペースで走り始めました。

が、走り始めて800mほどでハアハアと息が荒くなる娘。

「早いよ…」と。

いや、超遅いペースなんですけど……(苦笑)

そこで、キロ8分ペースに落としてゆっくりと走ることに。
自分のトレーニングにはなりそうにないので(苦笑)、走る時こうした方がいいぞとか、ああするとすぐ疲れるぞとか、短距離走のスタートはこうするんだ…とか、いろいろウンチクをしゃべりながら走りました。

娘がちゃんと聞いていたかどうかは不明です……(苦笑)

キロ8分ペースでもけっこうしんどそうだったものの、無事に6.5kmほど走り終えました。
後で聞いてみたところ、途中どこかのカフェとかで休憩しながらケーキでも食べさせてくれるものだと思っていたそうです。

そんなことするわけない!(笑)

結局チンタラ走っただけで、ほとんど自分のトレーニングにはならなかったものの、気持ち的にはとても充実した1時間になりました。

我が子が一緒に走れるようになるとは。しかも、1~2kmではなく、6km以上も。
自分が小学生の頃は、サッカー以外で2km以上走ったことがなかったのに(苦笑)

だんだん暖かくなってきて娘は走力を上げていきたいようだし、これはこれで楽しいので、これからも娘の気が向く時は一緒に走ろうかと思います。

その時は、前後に自分一人でしっかりラントレすることにします(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする