「あーよかった」だけでなく「もしも同じことが起こったら…」と考える

夕べのアトレティコ・マドリーvsデポルティボでのF・トーレスのアクシデントを映像で見て、本当にゾッとしました。
一時的とはいえ意識を失っていたようなので…

すぐ近くにいた味方選手がすぐに気づいて正しい処置をした(舌を出して呼吸できるようにした)のが良かったようで、今のところ無事のようです。

いつもなら「あーよかった」とだけ思うのですが(よかったとは本当に思っている)、最近サッカーの試合で立て続けに起こっているので、それだけでは済ませない方がいいと思いました。

数日前にも同じようなことがあった

つい数日前にも、試合中の選手同士の衝突で意識を失ったけど一命をとりとめたというニュースがありました。

チェコリーグで、試合中にGKが味方と衝突して意識を失う事態に。危険な状況だと判断した相手FWがすぐさま対処した一連の行動に称賛の声が集まっている。

今回のF・トーレスと同じように、ぶつかった衝撃で舌を飲み込んだ状態になっていたようで、それに気づいた相手選手がすぐさま舌を出す処置をしたために無事だったようです。

すぐに異常に気づいて咄嗟に対処した選手は間違いなく素晴らしいし、選手が無事だったのも本当に良かったと思います。

でも、こうして続くということは、同じようなことがどこででも起こりうるんだとも思います。その時に、今回の2つのケースのようにすぐに対処できるかどうか、というのは考えものです。

正直怖いけれど、咄嗟の判断・機転は大事

自分もサッカーをしていた時に、試合中のアクシデントで似たような経験があります。

10年以上前の話ですが、味方の選手が相手選手と衝突して倒れてしまい、瞬間的に気を失ってしまいました。
こういうときに下手に身体をゆすったりしてはいけないと、何かの本で見た覚えがあったので、「動かすな!救急車!救急車!」と叫んで、ベンチにいた人に救急車を呼んでもらいました。

1分ほどでその人は目を覚まして「え?俺どうしたの?」と言いながら身体を起こそうとしたので、「ダメ!寝てて!」と起こさないようにして救急車を待つことに。

待っている間に経緯を教えたけれど、当人は記憶がないので「え?」の状態。
「俺、大丈夫だよ」と言うけれど、「ダメ!病院行け!」と言い張り、病院に搬送してもらいました。

幸いその人は無事で、翌日には普通にしていました。

この時は、本当に良かったと思いました。
でも、無事であることが確認するまでは、ずっとドキドキでした。
試合に集中できるわけがない。

とにかく無事であってほしい、というのは当然ですが、
自分の対処はあれで良かったのだろうか?とか、
何か別の正しい処置があったのだろうか?とか、ずっと考えていました。

正直怖かったです。
今でも「もし同じことが起こったら」と思うと、ゾッとします。
でも、その時にパニックにならずに、知っていたことを咄嗟に出せたのは「結果オーライ」なのでしょうけど、本当にホッとしました。

ただただよかったです。

「同じことが起こったら、同じようにできるか?」を考えてみる

今回の2つのアクシデントのようなことは、どこででも起こりえると思います。
サッカーに限らず、フィジカルコンタクトのあるスポーツならあり得るのではないかと。

子どもの試合でもあり得ます。
その時は、周りの大人が対処しないといけない。

「その時に同じように瞬時にできるか」というのは、プロ・アマ関係なく競技者も周りの人も考えた方がいいなぁと思いました。

いや、でも、今回は本当によかった。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする