「自転車にモーター」が、グランツールでも行われていたって、マジで!?

チーム・スカイやランス・アームストロングが、自転車に隠しモーターを仕込んで使用していた疑いあるという報道が出てクリビツ…、いや、ビックリです。

強豪スカイやアームストロング氏に隠しモーター使用疑惑、米報道

サイクルロードレース界では、「ドーピングとの戦い」が長い間つづいているのは有名ですが、まさか自転車にまで「ドーピング」が施されていたかもしれないとは……(汗)

1年前に「まさか」と思っていたことがグランツールにまで…

今からちょうど1年前に、シクロクロスの世界選手権で「モーター入り自転車」による不正が発覚して、こんなことを書いていました。

自転車にモーター!「まさか」と思うことも起こりうる・・・
シクロクロスの世界選手権で、「モーター入り自転車」による不正が発覚したそうです。 自転車レースで「隠しモーター」、史上初の技術......

この時にも書きましたが、ファビアン・カンチェラーラが個人タイムトライアルでの圧倒的な速さだったので、2010年のツール・ド・フランスで一度「モーター入ってるんちゃうの?」と疑われたことがありました(実際にX線検査が行われてシロでしたが)

この時は「まさか自転車にモーターなんて入れないでしょう。ましてやグランツールのレース用バイクでっせ」と思っていたのですが(笑)、今回の報道の記事を読んでいると信憑性がなきにしもあらず、です。

特に、バイクの重量のこと。
モーターを積めば確実に重くなります。記事によると、800gほど重くなるようです。

レース用バイクは、軽量化と剛性化の両立と空気抵抗の低減を追求して、毎年のようにリニューアルされています(F1等のマシンも同じですね)。
どのメーカーも、1gでも軽くすることを追い求めているはずです。ましてや3週間ほどでおよそ3,300kmも走るグランツール用のバイクなら、重さも勝敗を分ける要素になりえます。

にもかかわらず、チーム・スカイのバイクだけ他チームのバイクより800gほど重かったとなると、「もしや?」と疑いたくもなるかなぁと。

メーカーによる重量差はありうる

ただ、そうはいってもチームによって使用するバイクメーカーは異なるので(F1でも、エンジンもシャシーもチームによってバラバラですよね)、メーカーによる重量差もありえます。
どのメーカーも全く同じ重さというわけではないので。

でも、それでも800gの差は、プロの世界なら大きな違いじゃないかと思います。
走っていて徐々に重たく感じるのではないかと。

あ。モーター使っていれば重さをほとんど感じないのか(苦笑)

事後的な検証は難しそう…

チーム・スカイと同じメーカー(ピナレロ)のバイクを使っている別のチームのやつと重量比較できればいいのでしょうけど、グランツール参戦チームの中では、ピナレロのバイクはチーム・スカイしか使用していないようです。

となると、X線検査でしょうか?でも、事後的に検証することは困難でしょう。ドーピング検査と違って、尿サンプルならぬマシンサンプルを確保しているわけではないので…

今後はマシンチェックも義務化されるのかも

違った見方をすれば、メーカーとしては、見た目では全然分からないモーターを使用して、乗っている人のアシストをする自転車を開発しているわけだから、「これ、すごくない?」と自社の技術をアピールできそうだし、商品化に役立ちそうな気もします(笑)

でも、サイクルロードレースはインチキのない純粋な勝負であってほしいので、やっぱりそんな(モーターのような)技術開発の場になってほしくはないです。

今回の疑惑の真偽も当然気になりますけど、今後は大きなレースでは選手のドーピング検査に加えて、マシン検査も義務化されるんだろうなと思います。

いろんなところで検査とか調査とか監査が年々増えますね(苦笑)

それと最後にもう一つ。

アームストロング、もう勘弁してよ~。
あんたがかっこよくてサイクルロードレース見始めたのに…(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士