試合数と人数の違いか…米国4大プロスポーツ(+サッカー)の年俸比較

先日、Forbes誌で米国の4大プロスポーツ+MLS(メジャーリーグ・サッカー)の平均年俸の比較に関する記事が出ていました。
NBAかMLBが一番高いんだろうなぁと予想していましたが、その通りだったようです。

米4大プロスポーツ・リーグ平均年俸を比較、最多はNBAの7億円超

ちなみにですが、上記見出しは「4大」となっているけれど、バスケ、野球、アイホ、アメフトの「4大」に加えてサッカーも取り上げています。
まだ「5大」にしてくれないのね……(苦笑)

NBA、MLB、NHLとフットボールの違い「試合数」

まず、上のリンク先によると、こんな結果だったようです。

NBA(バスケットボール)

平均年俸:620万ドル(約7億3,200万円/2016-17年シーズン)
最高年俸:3,100万ドル(約36億6,400万円/レブロン・ジェームズ)

MLB(野球)

平均年俸:440万ドル(約5億2,000万円/2016年シーズン)
最高年俸:3,200万ドル(約37億8,200万円/クレイトン・カーショウ)

NHL(アイスホッケー)

平均年俸:290万ドル(約3億4,000万円/2015-16年シーズン)
最高年俸:1,400万ドル(約16億5,500万円/アンゼ・コピター、2016-17年シーズン)

NFL(アメリカンフットボール)

平均年俸:210万ドル(約2億4,800万円/2015年シーズン)
最高年俸:3,125万ドル(約36億9,400万円/ドリュー・ブリーズ、2016年総額)

MLS(サッカー)

平均年俸:31万6,777ドル(約3,740万円/2016年シーズン)
最高年俸:720万ドル(約8億5,110万円/カカ)

フットボール系が意外と低めなのは、試合数の違いが大きいでしょう。
レギュラーシーズンの試合数は、

NBA…82試合

MLB…162試合

NHL…82試合

NFL…16試合

MLS…34試合

と、試合の数に大きな差があります。
NFLは、米国での人気はナンバーワンと言われ、スーパーボウルの視聴率も毎年非常に高いです。1試合当たりの観客数ならトップでしょうし、1試合当たりTV放映権料もトップではないかと(推測)

しかし、試合数が非常に少ないため興行収入「総額」で分が悪いです。

同じ「フットボール」のサッカーもそうです。まだMLSは「5大」扱いされていないことからも想像できますが(苦笑)、試合数はNFLより多くても人気面では

「NFL>>>>>MLS」

ということなのでしょう。

NBAと他のスポーツとの違い「チーム人数」

「NBAとMLBがトップじゃないかなぁ?」と私が予想していたのは、MLBは試合数、NBAはチーム人数にアドバンテージというか違いがあったからです。
(入れ替わりはありうるけれど)1チーム当たりの登録可能人数は、

NBA…12人

MLB…25人

NHL…23人

NFL…46人(1試合の出場可能人数)

MLS…28人

のようです。
NBAが非常に少ないので、これは大きいだろうなぁと思っていました。
(そもそもコート上の人数も5人だけだし)

MLBは試合数が圧倒的に多く、NBAは人数が少ないから、1試合当たりの観戦者数がモノを言うかなぁ?
MLBの方がキャパ(収容人数)が多いから、MLBかなぁ?
でも、NBAの方がグッズが売れていそうだなぁ(笑)

とか考えての予想でした。

ともあれ、NBAが一番高いようです。

ただ、どのスポーツもハンパじゃないフィジカルやセンスの持ち主が集まっているし、特にプレイオフ以降は面白いので、年俸とかに関係なくスゴイと思うし、観戦を楽しんでいます。

MLSはこれからでしょう。
まずは「5大プロスポーツ」と言われるように頑張れ!(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応。もちろんアマチュアレベルで(笑)。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンではサブ3.5を目指すサブ4ランナー。東京マラソン11年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする