今年は早くもクリスマスソングを聴き始めている…

毎年クリスマスが近づくと、いわゆるクリスマスソングをよく聴くようになります。
(クリスマスが終われば、また1年間聴かなくなりますが……)

例年はおよそ1週間前から聴き始めるのですが、今年は早くも聴き始めています。

「クリスマスソング」は人それぞれ。私の中ではコレ!

クリスマスソングはいろいろあるので、人それぞれ、思い思いの曲があるかと思います。

すぐにパッと思いつくだけでも、

『ジングルベル』

『SantaClaus Is Comin’ To Town』

『All I Want for Christmas Is You』(マライア・キャリー)

『Happy Christmas(War Is Over)』(ジョン・レノン)

『Last Christmas』(ワム!)

『クリスマス・イブ』(山下達郎)

等々が挙がります(まだまだたくさんあるでしょう)

そんな数ある中で、自分の中のクリスマスソングと言えば

『I Believe In Father Christmas』

という曲です。

10代の頃にEL&P(Emerson, Lake & Palmer)の曲をよく聴くようになって知った曲で、クリスマスが近づくと自然とこの曲が脳内で流れてきます。

ノリノリな感じでもなく、しんみりした感じでもない、優しい感じのメロディが気に入っています。

サラ・ブライトマンやU2やDREAM THEATERのジョーダン・ルーデスがカバーしていて、どれもとても良いので、いろんなバージョンを聴いています。
(特にこの曲が収録されているサラ・ブライトマンのアルバム『A Winter Symphony』は、私の冬のヘビーローテーションです)

キースのすぐ後にまでグレッグまで…

この曲がリリースされたのは、私が生まれた年と同じ1975年。
作曲したのは、EL&Pのヴォーカル兼ベース兼ギターのグレッグ・レイク。

フレディ・マーキュリーとはまた違い、「渋い」という表現がしっくりする歌声が好きでした(この曲に限らず、EL&Pの曲は好きです)

今年3月にキース・エマーソンが亡くなってショックだったのに、すぐにグレッグ・レイクも亡くなるとは……(闘病中だとはネットで知っていたけれど)

先週そんなことがあったので、今年は少し早いですが聴き始めました。
やっぱりグレッグの歌声もいいなぁと改めて感じます。

これからもクリスマスソングと言えば、私はこの曲でしょう。
この曲に限らず、これから冬はEL&Pの曲もいろいろ聴こうかと思います。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな42歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視・判定上等のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする