今シーズンのインフルエンザ対策。心掛けている5つのこと

生活と健康

インフルエンザが流行しだしているようで、我が子の小学校ではまだ学級閉鎖はないものの、インフルエンザにかかった同級生の子もいるようで、いよいよ注意が必要だと感じています。

自分も、そして家族もインフルエンザに感染しないように特に気をつけているのは、以下の4つです。

 

 

1.手洗い(帰宅直後と食事前)

インフルエンザも風邪も、その他のウィルスも同じだと思いますが、手についたものが口に入ることによって感染するんだろうなと。

ということで、手をしっかり洗うように心掛けているし、子どもたちにも手を洗うように注意しまくっています。
特に、帰宅してすぐと食事前には必ず一声かけるようにしています。

子供は特に手洗いのをめんどくさがるので、鬼軍曹になってやらせています(笑)。

 

手洗いは、お医者さんを初め、いろんな人が風邪やインフルエンザの予防として薦めていることなので、やっていて間違いはないのでしょう。
なのでやっています(笑)。

 

2.人が多いところに行く時にマスク着用

マスクを着けてもうっとおしくて、すぐに外したくなります(苦笑)。
極力マスクは着けたくないのですが、この時期、特に電車などの公共交通機関を利用する時や、人口過密地帯(人の多い密室など)に行く時などはマスクを必須にしています。

よそからの空気感染を防ぎたいので、必ずしも完全な防御ではないのでしょうけど、やっています。

 

電車に乗っていると、マスクをしている人はあまり咳込まず、逆にマスクをしていない人がゴホゴホと咳やくしゃみをしているように感じるので(苦笑)、マスクはやっておいた方がいいなと実感します。

 

口を押さえたりせずに全開で激しい咳やくしゃみをする人、どうにかしてほしいものです……。

 

3.水分をこまめにとる

空気が乾燥していると、ノドが痛くなって風邪をひきやすくなることを身をもって経験しているので、ノドが乾燥しないように気をつけています。

マスクでもできるでしょうし、飴をなめて唾液で潤すこともできるでしょうけど、水分をこまめにとるようにしています。
ラントレで汗をかいて不足した水分を補うことにもなるので。

気をつけているのは、一気に大量に飲むのではなく、少量を頻繁に口にするようにしていることです。

 

4.よく食べる

体の免疫力を維持するために栄養は必要かと。

そのため、食事でしっかり栄養をとるようにしています。
栄養のなさそうなスナック菓子などは食べず、肉や野菜や果物をいろいろしっかり食べるようにしています。

 

風邪やインフルエンザの予防とは直接関係ないですが、

「コレは食事であんまりとれていないかも…」

という栄養素はサプリメントで摂るようにしています。
(自分の場合、DHA・EPAやオルニチン、葉酸とか)

 

5.よく寝る

睡眠は大事。
しっかり寝るようにしています。

ぐっすり眠れるように、暖かすぎず、それでいて寒くならないような服・布団で。

睡眠時間も睡眠環境も、現状ではまだ「万全」とは言い難いけれど(苦笑)、試行錯誤で改善には努めているところです。

季節が変われば、またリセットになりますが…(笑)

 

基本に忠実に

結局のところ、「基本に忠実に」ということなのかなと思っています。

仕事でもスポーツでも何でもそうですが、基本と言われていることが大事なんだなと。

 

自分がやっていることだけで対策バッチリとは必ずしも言えないでしょうけど、それでも多少は守れていると思っているので、しばらくは意識的にやっておこうと。

 

子供が感染したら家族全員がヤバくなるし、自分が感染したら子供に示しがつかない(苦笑)。
そのためにも、オヤジは全力で防御するのみです!(笑)

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは12年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール