バックトゥニュートン。フルの勝負レースはNEWTONで行くことにした

ランニング、マラソン

今年の夏からナイキの厚底ランニングシューズにお熱のワタクシ。

旅行先で「ズームペガサス35ターボ」を購入してからというもの、トレーニング用にもナイキの厚底シューズ(オデッセイリアクトやEXP-X14)を購入し、NEWTONが減少基調にあったのですが、ここにきて

「やっぱり俺にはNEWTONがベストチョイスだ!」

という感じになってきました。

 

そして「勝負」に挑むレースでは、フルでもハーフでもNEWTONに戻すことしました。

 

 

ナイキ、履き心地は非常にいい

ナイキの厚底シューズにお熱だったのは、なんといっても履き心地が良かったからです。

足裏に感じる、一瞬だけの「ホワン」とか「ポーン」という感触。

人によって感じ方はそれぞれでしょうけど(笑)、あの足の感触が私には良く、また世界のトップランナーのフォアフット走法に合う作りになっているだけあって、私の「なんちゃってフォアフット走法」ともマッチしていました。
先月のちばアクアラインマラソンで、途中でヘバることなく完走できたのも「ズームペガサス35ターボ」のおかげじゃないかと思うくらいです。

また、走っている時だけでなく、立っている時や歩いている時の姿勢も良くなる感じがします。

 

ス、スピードが…。感覚だけでなく、タイムも…

そんなナイキの厚底シューズからNEWTONに戻すことにしたのは、距離短めのインターバル走をしていた時にちょっとした「違和感」があったからでした。

 

週末に、レース前に少し足に馴染ませようと、インターバル走で「ズームペガサス35ターボ」を使用しました。

いつものような感覚でフルの想定レースペース(5:00/km)よりちょい速いペース、具体的には4:40~50/kmを意識してペースを上げてみました。

が、走っていて、どうもスピードに乗れない感覚。

「あれ? 疲れてるのかなぁ~?」

いやいや、そんなに疲労は残っていないはず。
自分の中では「4:45/km」ぐらいのペースで走ったつもりで1kmを走ったところ、タイムは5:08。

遅い。
ここにきて「あれれ?」という感じになりました。

 

で、昨日のラントレではNEWTONの「DISTANCE」を使用。

途中1kmだけ同じように、同じタイミングでペースを上げてみたところ、いつもの感覚で走れて、タイムも4:29でした。
(こっちはペース上がりすぎでした…(^^;))

 

その時のコンディションの違いもあるはずだし、シューズの違いが原因とは一概には言えないでしょう。
でも、自分が両方のシューズで走ってみた感じで「NEWTONの方がよさそうだ」となりました。

今度の週末にNEWTONで30km走(レース前最後の追い込み)をやってみて確かめます。

 

もしかしたら7年以上履き続けてきたNEWTONの方が、自分の足に馴染んでしまっているのかもしれません(笑)。

 

ナイキは引き続きトレーニングや「勝負しない」レースで使用

自己ベスト更新に挑戦する今度の「勝負」レースではナイキの厚底シューズを使用しないことにしましたが、それでもあの履き心地の良さは捨てがたいです。

引き続きラントレ(特に、距離長めの)で使用するし、「勝負」しないで楽しむレースでも使用します。

 

ということで、

 

ただいま、NEWTON。帰ってきたよ。
浮気しちゃって、ごめんね(笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは12年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール