BlackBerryの新機種移行。「KEYone→KEY2」で初めてiPhoneの新機種移行気分になれた

BlackBerry, 雑感

スマホをBlackBerry KEYoneからKEY2へ移行してはや約2か月。
アプリやデータの移行も全てスムーズで、すでに手に馴染みきっているため、

 

「そろそろBlackBerryの新機種が発表されても……ああ、これが新機種じゃん!」

 

と一人でボケてツッコむこともたま~に(笑)。

 

考えてみると、BlackBerryでこんなに新機種への移行がスムーズだったのは初めてかもしれません。
iPhoneなら当たり前のようにスムーズなのでしょうけど、それだけに

「BlackBerryもここまできたか」

と称賛したいです(笑)。

 

 

かつてはBlackBerryの機種を変えると、漏れなくOSが変わり…

私のBlackBerry使用歴は、Bold9700から始まりました。
「9700→9780」が初めての移行で、それから9790→9810(一瞬だけ)→9790→Classic…と続きました。

が、機種を変えれば、漏れなくOSも変わっていました。
変わらずBlackBerry OSなのは、まぁよかったです。
OS5、6、7、飛んで10という具合に。

QWERTYキー(物理キーボード)はどの機種も気に入っていたのですが、「旧OSでは使えたけれど、新OSでは使えなくなった」というアプリが一部あって「マジかよ…」というのがあったり(苦笑)。

そのため、機種を変える都度使い勝手も若干ながら変わり、完全に自分の手(脳?)に馴染むのに、たいてい1カ月はかかっていました。

今振り返れば、それはそれで楽しめましたが(笑)。

 

Android OSへの移行はインパクト最大だったが、一度かぎりのインパクトで済んだ

BlackBerry OSだったClassicまでは機種を変える都度OSも変わっていたものの、それでも

 

「まあこのぐらい時間がかかるだろうけど、馴染んだらいい感じになりそうだな」

 

というのが見込めていました。

 

が、ClassicからKEYone、つまりBlackBerry OSからAndroidという、初めての抜本的なOS移行の時は、当然ながら使い勝手が劇的に変わり、アプリの切替えや使いたいアプリのある/なしもあり、インパクトは強烈でした。

なんとな~く使いこなせてきても、

「もっといい使い方があるんじゃないの?」

というのを模索する時期もありました(笑)。

 

今回KEY2へ移行する時、

「見た目はそんなに変わらないけど、使い勝手はまた変わるのかなぁ…」

と、少し心配していました。

 

が、使い勝手はほとんど変わらず。
むしろQWERTYキーはより良くなり、処理速度もサクサクになったので、スムーズどころか文字通りの「改善」「改良」でした。
(一応OSも1バージョン上がりました)

 

スマホのシリーズものはスムーズに新機種へ移行できるのが大きなメリット

そんなことを考えると、iPhoneに限らずGalaxyやXperia等もそうですが、そういったスマホのシリーズものは、

 

新機種にスムーズに移行できる

 

というのが大きなメリットの一つだなと感じました。

 

妻がここ5年ほどiPhoneを使い、2度機種変更をしているのですが、新機種に替えた時に

「あれぇ? 使い方変わって分かんなくなった~」

というのを聞いたことがないです。

 

今回BlackBerryで初めて超スムーズな新機種への移行ができたことで、そんなメリットに気づきました。

というわけで、QWERTYキー付きのBlackBerry新機種がリリースされる限り、これからもBlackBerryを使用しつづけようと思った次第です。
たとえ、世の中で超マイノリティでも(笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール