ブレディスローカップ観戦。日本で「世界最高峰」の定期開催があればラグビー熱は高まるはず!

楽しみ

土曜日に、ラグビーのブレディスローカップ2018 ニュージーランド代表(以下、オールブラックス) vs オーストラリア代表(以下、ワラビーズ)を日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で観戦してきました。

「来年のワールドカップ決勝戦の会場で、前回大会決勝と同一カード」という超好カード。
来年の決勝戦のチケットは入手超困難だろうとの見込みから、「これは見に行かないと!」ということで、当選したチケットを片手に観戦に行きました。

まだラグビーに関心がなさそうな6歳の息子を連れて(笑)。

 

 

オールブラックスとワラビーズのガチ試合

オールブラックスもワラビーズも、言わずと知れたラグビー強豪国。
ワールドカップ優勝経験のある4か国のうちの2か国です(他は南アフリカ、イングランド)。

隣国同士のライバル関係もあり、常にガチ勝負。
「この試合は軽く流そう」なんて考えは、お互いないはず。

それだけに、日本開催のこのカードは非常に楽しみで、前の週に「ちばアクアラインマラソン」を走り終えたその時から

 

「来週はブレディスローカップだゼ~~~ット!」

 

と一週間ワクワクしていました。

特に、オールブラックスとワラビーズのガチ試合が見られることと、
オールブラックスのハカが生で見られることが楽しみで(笑)。

 

期待通りの迫力、プレー、好勝負

試合は期待通りの面白さでした。

試合前の生ハカにも感激したけど(笑)、やっぱり試合が最高。
選手個々のフィジカルの凄さや迫力もさることながら、特に印象的だったのは、以下の2つでした。

 

チームワーク

ひと言でまとめましたが(苦笑)、チームとしての連係、選手の献身さ、まとまりの良さです。

とんでもないパワー、スピード、スタミナ、スキルを誇る選手が、みんな「チーム第一」の姿勢で試合をしていて、連係に狂いが少なく(本当に少ない)、攻守に体を張っていて「チーム」としてプレーしているのが素晴らしかったです。

トライをして喜ぶのは一瞬だけ。
コンバージョンキックの間は、キッカー以外の選手全員が必ず円陣を組んで、真剣な表情で次に備えていました。
TVだけではなかなか見られない光景だったので、会場で見てよかったです。

 

ミスの少なさ(プレー精度の高さ)

スーパーラグビーでサンウルブズに圧勝したハリケーンズを見た時にも同じ印象でしたが、両チーム本当にミスが少ない。

ワラビーズにノックオンが数回あったものの、どちらも基本的にパスは速くて正確で、受ける側もほぼ確実にキャッチしていて。
サッカーでもバスケでも同じですが、速くて正確なパスと、それを確実に受けるっていう基本的なプレーをわずかなミスもなくやることが大事だなぁと、改めて強く感じます。
どの競技でも、本当に強いチームはそこがしっかりしています。

オールブラックスは、オフロードパスやトリッキーなパスも多用していたけれど、魅せると同時に確実に味方につなげていて、

「こりゃスゲーわ…」

と、何度かつぶやいていました。
息子の横で(笑)。

 

早く言ってよぉ…

試合はとても素晴らしく、「本当に80分経っちゃったの?」と感じるほど興奮しっぱなしでした。

一方で、試合以外の部分で「これはどうにかしてほしいなぁ…」と思ったことがありました。

 

会場に入った後にあったテーブルにこんなメンバー表が置かれていて、出場選手と背番号が確認できたのはありがたかったです。

 

しかし、裏面にこんな記載が。

 

スタジアムに入る際の手荷物検査のために入場ゲート前にかなりの行列ができていて、スタジアムに入るのに息子と30分以上並びました。

手荷物検査をしないで入れろとは言いません。セキュリティは大事です。
むしろしっかりやってほしいものです。

でも、行列ができるほど時間がかかるのなら

 

「早く言ってよぉ…」

 

と。
某企業のCMじゃないけど(笑)。

入場した後に、「1時間程度の余裕を持って…」って言われてもなぁ……というのがありまして。
事前に知っていたなら、時間つぶしに息子の『ポケモンガオーレ』に付き合うこともなかったのに(苦笑)。

会場入りするまでの行列のため、今回は両チームの試合前の練習をフルで見ることができませんでした。
これは残念でした…。

 

ちなみにですが、来年のワールドカップについての注意として、こんな記載もありました。

 

日本で定期開催されるとラグビー人気は高まると思う

今回、ブレディスローカップを生で観戦できて、とても良かったです。

こういう世界最高峰のラグビーを定期的に日本で開催してくれると、日本のラグビー人気はもっと高まるんじゃないかと思いました。

 

かつてサッカーにはトヨタカップがあったし、NBAも開幕戦を日本で開催した時期があったことが、サッカーやバスケの人気に拍車をかけた面があると思っています。

なので、ラグビーもブレディスローカップでもいいし、名称にこだわらないので、世界トップレベルの試合を日本で定期的にやってほしい!

 

と、ほぼ自分の楽しみのために主張しておきます(笑)

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール