2018年ワールドカップ。各国がグループリーグ2戦を終えての私的GK評

サッカー

グループリーグ(以下、GL)を各国が2試合終えて、今夜から最終戦。
最終戦は、グループ内で同時間に行われます(不正防止のため)。

 

ここまでのところ、GKに特に注目しているのですが、

「やっぱりスゲー!」

「まあ、アイツならこのぐらいできるわな」

「ああ、やっちゃった……」

と、いろいろ思うことがあります。

 

そこで自分なりに思うGK評を書いてみました。

 

 

「いいね!」なGK

ルイ・パトリシオ(ポルトガル)

ポルトガルはCR7の活躍が目立つけれど、守備陣の奮闘も素晴らしいです。

GKルイ・パトリシオは一昨年のEUROでの活躍を見て注目していましたが、大舞台に強いのか、ここまでのところやっぱり良いです。

スペイン戦の3失点は、どれもどうしようもなかったと思います。
あの3点は全て、得点したジエゴ・コスタとナチョが素晴らしかったです。

で、モロッコ戦のルイ・パトリシオが見事でした。
こぼしたらマズイところでしっかりキャッチしていたし、セットプレーでも1点守った場面がありました。
試合中終始冷静だったように見えたし、やっぱりいいGKだなと改めて思いました。

 

ビッグクラブが獲得に動いてもいいんじゃないかと思うのですが…

 

カスパー・シュマイケル(デンマーク)

シュマイケルJr.のカスパーも好印象だったGKです。
レスターで活躍しているのは知っていたけれど、代表でも良いですね。

デンマークでも、お父さん以来の名GKかも。
もちろんお父さんの方が偉大だし、お父さんを超えるのは難しいですけど。

個人的にお父さんが強烈すぎて、カスパーに求める基準が高くなりがちですが(苦笑)、ここまで良い活躍をしているとは思います。
デンマークにはGLを突破してほしいところです。

 

ケイロール・ナバス(コスタリカ)

まだ前半戦ですが(苦笑)、ここまでのところ大会ベストGKはナバスです。

2敗してGL敗退が決まったものの、ナバスが原因の失点はないし、むしろナバスのおかげで大量失点せずに済んでいるという印象です。
速いシュートや近距離からのシュートへの反応も良いし、危うい処理も少ないし、際どいボールも見逃すことなくしっかり反応するし。

コスタリカのGKと言えば、90年イタリア大会のガベロ・コネホが強烈でしたが、今回、というかこの4年で私の中でも「ナバス>コネホ」になりました。

最後のスイス戦も見ておきたいです。

ついでに言うと、まだまだレアルの正GKであるべき選手だと思っています。

 

注目しているけどまだ真骨頂が発揮されていないGK

マヌエル・ノイアー(ドイツ)

フィジカルのコンディションはもう問題なさそうに見えます。

が、まだ「ノイアーだから防いだ・防げた」というセーブは見せていないですね。
そういう場面がないだけなのでしょうけど。

韓国戦にしっかり勝って、決勝トーナメントから本領発揮するのかなと思います。

 

その決勝トーナメント、ヘタすると初戦でブラジルと当たるかもしれないですが……(汗)

 

ダビド・デ・ヘア(スペイン)

ポルトガル戦の2点目は「ああ……」って感じでしたが(苦笑)、全体的にはまだ可もなく不可もない感じがします。
大きな見せ場がまだないのもあります。

ただ、大きな見せ場がないという状況を考えると、あの失点は防いでほしかったなぁと今さらながら思います。
デ・ヘアなら(代表クラスのGKなら)防げたボールだったはず。

 

ティボー・クルトワ(ベルギー)

まだこれからでしょうね。
決勝トーナメントでは、ベルギーもヤバい場面が増えるでしょうから、そこで

「おお!さすがクルトワ!」

っていうセーブを見せてほしいです。

 

アリソン(ブラジル)

アリソンも、というかブラジルもまだこれからでしょう。
もしも決勝トーナメント初戦でドイツと当たったら、そこがヤマ場かと。

1回戦でアリソンとノイアーが同時に見られるのは楽しみであり、残念でもあるかも…(苦笑)

 

「ああ、やっちゃった…」なGK

ウィリー・カバジェロ(アルゼンチン)

カバジェロには同情しかありません(苦笑)。
「何やってんだよ~!」とか責めたい気持ちも分かりますが、私はできません。

だって、アルゼンチンには他に優れたGKがいないんだから。

あの1点目のワンプレーだけ見ると、「他のGKなら…」とは思うし、2点目も「世界的に中の上クラスのGKだったら…」と思うのも分かります。
でも、GKをカバジェロに任せるしかないのが今のアルゼンチンなわけで。

正直今回のアルゼンチンは、GKだけでなくチームとしてマズイ状態です。

仮に2位通過できたとしても、決勝トーナメント初戦の相手はフランスになりそう。
まぁ、難しそうです。
私の中ではメッシに対する評価が固まりつつあります。

 

デ・ヘアとクルトワには期待

上に書いたGKの中でも、デ・ヘアとクルトワには決勝トーナメントでの活躍を期待しています。

ルイ・パトリシオにも注目します。

 

ノイアーとアリソンは初戦でぶつかる可能性が高くなってきたので、何とも言えないです。

見続けたいのはアリソンかな。
ノイアーが凄いのは分かってるので(笑)。
テア・シュテーゲンだったらアリソンより見たいですが(笑)。

 

イタリアの出ないW杯は、すごく穏やかに見られます(笑)。
一切感情的にならずに、特定の選手のパフォーマンスやチーム戦術を冷静に見ていられます。

こんな観戦もたまにはアリかな。
……いや、やっぱり今回限りにして、次回以降は熱く観戦したいです(笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール