好きなことなら続けられるし続けたいのだと身をもって知る

日常の出来事, 楽しみ

週末に、私にとっての「運動会」、子供の小学校PTAのバレーボール大会がありました。

私の所属するチームは連覇が懸かっていたのですが、結果は決勝で敗れて準優勝でした。

 

決勝戦の大事な場面で、私が左のふくらはぎを痛めてしまいました(多分、肉離れ)。

身も心も痛い結果だったのですが(苦笑)、そんな中で改めてポジティブに感じられたことがありました。

 

 

29年ぶりの負傷

同じチームのママさんたちとの連係は年々良くなっていて、「連覇」という共通かつ確固たる目標を持って大会に臨みました。

1回戦、準決勝と苦戦しながらも勝ち上がることができ、チームの雰囲気は最高でした。

 

決勝戦でも第1セットを先取して、

「行けるぞ!連覇できる……いや、するぞ!」

というテンションで第2セットを迎えました。

 

第2セットは相手にリードを許す形で進み、6-8ぐらいになった、まさにその時でした。

高く上がったボールをトスするのにジャンプした時か、着地した瞬間に

 

「ピシィィィッ!!」

 

という痛みが、左のふくらはぎに走りました。

 

瞬間にヤバいことが分かりましたが、「でもまだなんとかできるんじゃないか?」と、その場でちょっとステップ。

が、やっぱり痛い…

 

相手にポイントを奪われてプレーが止まった瞬間に、

「誰か代わって!足やっちゃった…」

と、自ら交代を申し出ました。

 

こんなこと初めてです。

「やれる!」なんて言えない状態でした。
無理して続行しても、使いモノにならなかったことでしょう。

 

負傷退場した後は、完全に相手チームの流れになり、第2・第3セットを連取されて逆転負けに終わりました。

足は痛いし、責任を感じて心も痛いしで、心身共にダメージを負いました(苦笑)。

 

走れない&歩くのもツラいほどの負傷をしたのは、中学2年生の頃にサッカーで右足をねん挫した時以来ではないかと。
実に29年ぶりのことです。

幸い仕事への影響はないですが、今日も足を引きずりながら歩いています(苦笑)。

 

ヘコんだけれど、すぐに立ち直れたのは仲間のおかげ

チームの中でも熱い方だったので、自分の負傷が原因での敗戦はショックでした。

傍から見れば「たかがPTAのバレーボール大会じゃん」と思うかもしれませんが、私にとっては年に一度の「運動会」です。

 

「ああ、負けたぁ…。しかも俺のせいだぁ……」

と、けっこうへコみながら、その日夜の打上げに参加しました。

文字通り、足を引きずりながら(苦笑)。
(医者には行かず。行っても湿布貼るぐらいの処置しかされないだろうと、自分で湿布貼って様子見中)

 

足の痛みと心の痛みでテンションが下がり気味だったのですが、打上げでは仲間のみんなに

 

「ダイちゃん、足大丈夫?」

「早くケガ治して、また練習やろう!」

「来年はゼッタイ優勝しようね!」

 

等々の優しい声をかけてもらい、元気を取り戻すことができました。

 

仲間の存在は貴重だと改めて感じました。

そして、「こんな仲間となら続けられるし、続けたい」としみじみ思いながら打上げを楽しみました。夜中の2:30ぐらいまで(笑)。

 

「仲間」っていうのは、娘と同学年の子のママさんたちですが(笑)。

 

続けられる・続けたいと思うのは「好き」だからこそ

今回足を痛めながらも立ち直って「また頑張るぞ!」という気持ちでいられるのは、「好きなこと」だからなのだと思いました。

 

バレーボールそのものも、大会の競技熱も、そして、一緒にプレーする仲間たちも。

みんな好きだから、肉離れしても負けても懲りずにまた続けたくなるんだな、と。

 

これを他のことに置き換えれば、やっぱり仕事も「好きなこと」じゃないと続かないんだろうなと感じます。

イヤイヤやっている仕事はずっとは続けたくないだろうし、無理すれば自分の身も心も削ることになるでしょう。
でも、好きな仕事なら「辛い」とは感じにくいだろうし、多少辛くてもポジティブな気持ちで続けられるだろうし、続けたいと思うだろうなと。

 

仕事でも仕事以外でも、なるべく「好きなこと」を選んで、それをやることが大事だと改めて感じました。

 

私をチームに迎え入れてくれて優しくしてくれる仲間のみんなには、感謝の気持ちでいっぱいです。
みんなが大好きなので(ヤラシイ意味ではないです)、早く足を治してまた一緒に練習したいです。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール