BlackBerry KEYoneを使い始めて約半年。不満が一つだけある

BlackBerry

BlackBerry KEYoneが日本で発売されたのは、2017年6月29日。
私は発売日に購入したものの、初期不良→交換があり、本格的に使用を開始したのは7月2日。

それから半年が経過しましたが、今のところ、というかずっと満足しています。
2017年の「買ってよかったもの」を3つ挙げるなら、間違いなく含めます。

使っていて「不満」というものはほとんどないのですが、端末以外の部分でたった一つだけ浮上しています。

 

 

初めからカラーバリエーションを充実させといてくれよ~!

はい。これに尽きます(笑)。

 

いわゆるオリジナルのシルバーが日本で発売されたのが6月29日。

その後、9月4日に「Black Edition」なる黒バージョンが日本で発売されました。
しかも、メモリー(ROM、RAM両方)のスペックをアップして。

この黒バージョンは昔ながらのBlackBerryを彷彿させる渋さでカッコよく、スペックアップされていることもあって、買うか買うまいか迷いました(苦笑)。

この時も「初めから黒も出せよ!」と思っていたのですが……

 

近々「Bronze Edition」なるブロンズバージョンが発売されるそうです。
(これを書いた時点では日本発売は発表されていないものの、2018年Q1中に世界のどこかで発売されるそうで、おそらく日本でも発売されるのではないかと)

しかも、黒バージョンと同じスペックで(つまり、オリジナルよりもスペックは高い)。

しかも、発表された「Bronze Edition」はDSDS(Dual Sim Dual Standby)対応だとか。

 

ブロンズもかっこいいじゃん!(苦笑)

 

「こんなことなら、初めから全色出しといてくれよ~!」

と言いたいです。

 

そもそも、コアなBlackBerryユーザーやBlackBerryファンは、KEYone発売とともに飛びついているはずで、(私を含む)ほとんどの人がシルバーを購入しているでしょう。

そこに、後出しで「ブラック出します~」、「ブロンズ出します~」というのはヒドイ!
「そりゃないぜ、セニョール!」と言いたい気分(笑)。

 

もしかしたら「コアなBlackBerryユーザーにKEYoneを複数購入してもらおう♪」というTCLの戦術なのかもしれないけれど、そのテには乗らん!

カッコいいので悔しいけれど(苦笑)、シルバーを使い続けます。私は。

そして、今年後半にQWERTYキー(物理キーボード)付きの新端末が発売されそうなので、そっちを待つことにします。

 

KEYoneは使い勝手もバッテリーの持ちも抜群に良く、私にとって満足度の高い端末です。
それだけに、シルバー発売当初からカラーバリエーションを充実させてくれていたらなぁ…と思うのです。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール