試合に対する力の入れ具合は監督の服装を見れば分かるかも

サッカー

ぼちぼち欧州各国のリーグ戦が始まります(フランス、イングランドは始まってますね)。
強豪チームもそうでないチームもプレシーズンマッチを終えて、「さぁ本番」といったところでしょう。

私はかねてから「プレシーズンマッチはプレシーズンマッチ。本番はリーグ戦が始まってから」という位置づけをしていたので、主力選手の移籍とかケガの有無は気にしていましたが、7月から最近までの試合の勝敗はほとんど気にしないでいました。

監督の服装を見ても、気合いの入り具合が分かる気がしています。

 

 

監督はプレシーズンマッチではあまりスーツを着ない

海外のサッカーの試合で映る監督の姿。
CLや各国のリーグ戦の場合、ほとんどの監督はスーツ姿ではないでしょうか。

ジダン、モウリーニョ、グアルディオラ、コンテ、アンチェロッティ、シメオネ……。
ほとんど監督がスーツ姿でビシッと決めています。

ベンチから出てピッチ際で指示をしている姿も渋いです。
現役時代とは違ったカッコよさも感じます。

 

でも、プレシーズンマッチではどうだったでしょう?
ほとんどの監督がトレーニングシャツやポロシャツ姿で、スーツ姿の人は少なかったのでは?

プレシーズンマッチの試合会場がアメリカやアジア圏の国で、単純に「暑いから」というのもあるでしょう。

でも、やっぱり気合いが入っている・入っていないの違いもあるんじゃないかなぁと思って見ています。

 

モウリーニョはハッキリしている

監督の中でも、特にジョゼ・モウリーニョ監督はハッキリしているように見えます。

プレシーズンマッチでは、ずっとポロシャツやプラクティスシャツ姿でベンチにいました。
プレミアリーグが始まると、第1節からスーツ姿になっています(ノーネクタイだったけど)。

今季に限ったことではなく、チェルシー時代、インテル時代、レアル時代も一貫しています。

「プレシーズンは練習、あくまで本番はリーグ戦から」という区別がハッキリしているんだろうなと思っています。

 

他の監督もそうなんじゃないかと思います。

「リーグ戦にはドレスコードでもあるんだろうか?」と思ったりしましたが、リーグ戦でも上下ジャージ姿で指揮している監督もいるので違うようです。
とすると、やっぱり「勝負服」としてスーツを着ているのだろうと思うのです。

 

UEFAスーパーカップの結果は必然?

で、思ったのは、先日のUEFAスーパーカップのレアルvsマンU。
ジダン監督はリーグ戦と同じスーツ姿で臨み、モウリーニョ監督はポロシャツ姿でした。

 

モウリーニョは初めから「この試合は別にいいや」って感じだったのでは?(笑)

 

結果的にもレアルが勝利で(2-1)、「気合いの差」もあったのかなぁと。
もちろんチーム完成度はレアルの方が高いと思いましたが。

 

 

ともあれ、今週末からどの国でも「本番」です。
初めの数節は「順当」と言える結果が少ないかもですが(監督・選手共に手探り段階なので)、どんな感じか見つつ来年4~5月あたりの予想をしてみようかなと思っています。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール