「ヒョードル vs ミルコ2」。見てみたいけれど、テンションは12年前より80%減かも

ミルコ・クロコップが、引退試合をするならばその相手にヒョードルを望んでいるとか。

【RIZIN】ミルコが引退試合の相手にヒョードル指名か

ヒョードルとミルコの一戦は、12年前のPRIDEで生観戦しました。
試合前の「煽りVTR」は申し分ないくらい素晴らしく、試合直前のゾクゾク感は今でもMMA史上最高だと思っています。
試合自体も緊張感が高くて心拍数が上がり、観ているだけでちょっとした有酸素運動のような感じだったので(笑)、「またやるなら見てみたいなぁ」と思っています。

ただ、12年前と同じテンションかというと、全然そうではないです。
12年前との比較をざっくりした数字で表すと80%ぐらい低いです(苦笑)

もはや「最強」を決める試合ではない

一番の理由は、2人ともとっくにピークを過ぎていることです。
当時は両者30歳前後で、フィジカルがピークに近い状態でした。

それに、当時のUFCヘビー級にはまだ怪物のような選手がおらず、PRIDEの方が大物揃いでした(この後にケイン・ヴェラスケスやブロック・レスナーが出てきたのですが…)

ヒョードルはまだPRIDE無敗(リングスで高阪選手に負けたのみ)、ミルコも紆余曲折あったものの当時は「最強の挑戦者」だったわけで、あの時の言葉で言うなら本当に「60億分の1」を決める試合だと思っていました。

翻って今はどうかというと、2人とも40歳オーバー。
この12年の間に多くの苦戦というか敗戦をしているし、コンディションも「万全」が保証しにくい状態。
仕方ないといえば仕方ないのでしょうけど、やっぱりテンション激減は不可避です…

「見たくない」と言ったらウソになるけど、TV観戦でもいい

12年前の試合とは状況が全然違うので、「もういいや」という人もいるでしょう。
でも、自分の場合「見たくない」と言うとそれはウソになります。

やっぱり見てみたいです。

もはや「レジェンド対決」みたいな位置づけでしょうけど、40歳を過ぎた2人がどこまでキレを取り戻して、どういう展開になるのかは興味深いところです。
(自分も40代なので刺激を受けたい、というのもある(^^))

ただ、「お金を払ってでも見たいか?」と聞かれると、正直ビミョー(苦笑)
今はTV観戦でもいいかなぁと思っています。

…と、ここまで書いて思うのは、

「ヒョードルの6月のマット・ミトリオン戦は大丈夫だろうか?」

ということです。
ミトリオンは、体格でヒョードルよりはるかに大きいので決して侮れません。
アントニオ・シウバ戦のように体格・体重差を利用されるかもしれないし、これまでのダメージの蓄積もあるので一発でも入ればヤバいでしょう。

万一この試合でやられてしまったら、ミルコ戦の実現は難しそうだし、実現したとしてもテンションは更に下がるでしょう。
反対に、この試合で「ヒョードル健在」と分かれば、今よりもテンションが上がって注目したくなりそう(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士