レアルvsナポリ。ナポリにとっては30年越しのリベンジのチャンス

UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメントが夕べ始まって、バルサがいきなり大敗していましたが、↓の記事を見て

「あっ!そういえば30年越しの再戦じゃん!」

と思い出しました。

マラドーナ&カレカ氏、レアルに挑む古巣ナポリ応援

30年前、初めてのビッグイヤー挑戦でナポリはレアルに負けた

1986-87シーズンにセリエAで初めて優勝したマラドーナ率いるナポリは、翌シーズンに欧州チャンピオンズ・カップ(当時)に初挑戦しました。

当時は初めからトーナメントで、初戦でいきなりレアルと対戦。
クジ運が最悪だったと言わざるを得ない……(苦笑)

この試合、よ~く記憶しています。
カレカが加入して、マラドーナ(Maradona)、ジョルダーノ(Giordano)、カレカ(Careca)の「MA・GI・CA」トリオのナポリと、ウーゴ・サンチェス、ホルヘ・バルダーノ、エミリオ・ブトラゲーニョの豪華3トップのレアルとの対戦で、1回戦でぶつかるのが本当にもったいないカードでした。
当時はナポリも好きだったし、レアルのGKフランシスコ・ブーヨも好きだったので、どっちを応援しようかと見ていて複雑でした(笑)

見たのは、2nd Legのスタディオ・サン・パオロでの試合。
アウェイの1st Legで0-2で負けていたので、当時のナポリサポーターは序盤からめちゃめちゃ盛り上がっていました。
試合でもナポリが押していて、決定機を何度か作っていました。

当時のレアルは、攻撃が豪華な代わりにDFが盤石とは言えず(ボスマン判決前で外国人制限があり、全員スペイン人だった)、GKブーヨが活躍する場面が多いチームでした。

で、実際にこの試合でもブーヨがセーブを連発。カレカのフリーで打ったシュートを身体を張って2本防ぐなど、当時少年だった私は「わー!スゲー!」「カレカ、もったいないよ~!」と、何度もビデオでリプレーしていました(笑)

先制したのはナポリで、ジョヴァンニ・フランチーニがヘッドのこぼれ球を自ら押し込んでのゴール。この時は、ナポリサポーターになった気分で「行けるぞ、ナポリ!」みたいな感じでした。

でも、当時からレアルは経験豊富だったし、少ないチャンスをものにしました。
同点ゴールを奪われて勝負ありで、ナポリは初戦敗退でした。

同点ゴールの「サンチェス→ブトラゲーニョ」のシーンは見事で、「うわ~。これは巧い」と、当時の私はハナタレ小僧だったくせにすごく感心していました(笑)

マラドーナが応援するのは当然。私も注目

そんな試合を30年前に見ているので、当時苦杯を喫したマラドーナやカレカが現地で応援するのは当然だと思うし、何としてもリベンジをしてほしいと思っていることでしょう。
ナポリサポーターも、思いは同じはず。

ただ、選手たちは30年前のことなんか知らないかもしれない(笑)

私は個人的にこのカードに注目しています。
30年前とは顔ぶれや状況が全然違うけれど、あの試合を思い出すと沸々と盛り上がってきます。

そんなわけで、明日の明け方は一人で盛り上がろうかと(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士