「年齢はただの数字だ」と、思い続けることにした(笑)

30歳を過ぎてから、徹夜を屁とも思わないくらいの体力がなくなってきた感じがして、35歳を過ぎてから、馬力や瞬発力、回復力がなくなってきた感じがし、40歳を過ぎてからは、その全てにさらなる衰えを隠すのが難しくなってきたような(苦笑)

他方で、考えながら効率的に密度濃くやっていく力はついてきているので、パフォーマンス自体は維持できているのかなぁ…と、自己評価しています(甘いかな?)

年齢を重ねるにつれて「自分も着実に高齢者になっていくんだぁ」なんて思ったりもしますが、「高齢者」の定義が変わるかもしれないようです。

「高齢者は75歳から」(2017年1月6日日経新聞朝刊より)

日本老年学会と日本老年医学会は5日、現在は「65歳以上」とされる高齢者に定義を「75歳以上」に引き上げるべきだとする国への提言を発表した。
心身が健康な高年齢者が増えたためで、65~74歳は「准高齢者」とし、社会の支え手として捉え直すべきだとしている。社会保障や雇用制度をめぐる議論に影響を与える可能性がある。

年金支給開始年齢や定年の引き上げの話も以前から出ているし、若々しくて健康な60歳以上の方も多いので(60代後半の自分の両親も今のところ健康だし、マラソンのレースでもよく見かけます)、個人的に違和感はありません。

それに、会計士協会や税理士会の集合研修にたまに出席すると、
(必須単位は毎年ちゃんと取得してます。念のため)

「ひょっとして、この会場内で俺が一番お子ちゃまじゃないのか!?」

と思うぐらいベテランの方々ばかりのこともあります(笑)

プロスポーツでも、ジョージ・フォアマンやバーナード・ホプキンス、ランディ・クートゥア、ダン・ヘンダーソン、三浦知良選手等々40代後半、はたまた50歳過ぎても第一線で勝負する選手もいます。

なので、社会人としてもアマチュアアスリートとしても、まだまだしばらくは「若手」だと言っておこうと思っています(笑)

「Age is just a number.」
という言葉があります。

正直、30代ぐらいまでは

「そんなことないよ。年齢は年齢だよ。Age is age!」

なんて思っていたけれど(苦笑)、40代になって周りの環境を見て、その意味がなんとなく分かってきたような気がしています。

「40代前半?若い若い。まだハナタレ小僧だよ」

そのぐらいのスタンスでもいいかな、と(笑)

年末に『LIFESHIFT』という本を読んだ時も「ぬぬぅ。そんな可能性もあるのかぁ…」と考えさせられたし。

「いまの80歳は、20年前の80歳より健康だ。いま80歳の人たちの子どもが80歳になるときには、もっと健康な日々を送れる。「老いている」「若い」という概念が大きく変わるのだ。」

「いま20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上生きる確率が半分以上ある。」

(※他にもたくさん「ぬぬぅ」があったけど、割愛)

もちろん自分が95歳以上生きるのかどうかは分かりませんけど、今の世の中の動向から見ても可能性としてはあるんだな、と感じました。

まだまだ若い!
もっともっと成長できる!
成長しつづけろ俺!

今日42歳の誕生日を迎え、そんなことを思いました(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする