新PC重症のため修理へ。。。テンパらないために必要だと思ったこと

今年の9月(ちょうど2か月前)に新しく購入したばかりのPC。
「ブルースクリーン→再起動」を頻発していたことをつい先日書きましたが、Windowsを初期化してもなお改善が見られず…

キレそうな時でも穏やかに受け流すために考える3つのこと
自分で自分のことを「比較的穏やかな人間」だと思っています(笑) 電車の遅延で(しかも故障とか人身事故が原因)イラついて駅員さんに文句言......

メーカーのカスタマーサポートに問い合わせた結果、とうとう修理に出すことになりました。
でも、それでも仕事には大きな影響なくどうにかなりそうです。

フリーランスの場合、「最低限こうしとけばテンパらずに済むかな」と思ったことを自身の備忘も兼ねて。

PCは2台以上使える体制にしておく

不測の事態に備えて、いつでもPCは2台は使えるようにおくことは大事だなと今回実感しました。

理想を言えば同機種の2台持ちがベストでしょうけど、メイン/サブの使い分けがあっても良いでしょう。とにかく2台はあると安心です。1台を修理に出すことになっても、PCを使う仕事が完全にストップすることはないので。

今回は幸い旧機種がまだバリバリ使えるので、仕事に支障をきたすことはなさそうです。

大事なデータの保存先

大事なデータの保存先をローカル(PC内)だけにしない方がいいでしょう。

DropboxとかGoogle DriveとかOneDriveとかboxとかMEGAとかのようなクラウドストレージに保存しておけば、いざPCを修理に出す段階になっても、慌ててデータ移動をさせることなくもう1台のPCでアクセスできます。
クラウドストレージでなくても、外付けのHDDとかSSDがあればそっちにマメにバックアップをとるとか、いっそのことそっちをメイン保存先にしておけば慌てることはないでしょう。

ローカルに保存していた場合、そのPCが完全に逝ってしまったらデータ移動どころではないので、データ保存先もやっぱり大事だなぁと感じます。

保証とか保証書とか

これまでは、メーカーで計ったかのように保証期間経過直後に逝ってしまう製品ばかりにしか遭遇しませんでしたが(苦笑)、保証期間中でも初期不良なり不具合はありうるんだなぁと今回実感しました。

大事なものであれば、標準保証にプラスしたサポート保証があれば入っておくと安心だなぁと感じました(考え方は人それぞれでしょうけど)

それと、保証書とか保証関係のデータはすぐに確認できるように保管しておくと、いざという時でも慌てずに済みます。当たり前ですが(笑)

一つだけ反省…

今回は一つ反省点もありました。
もっと早めに異常だと判断して問い合わせるべきでした(苦笑)

自力で直そうとしたり、「こういう仕様なのかな」とか思ったりせず(苦笑)、「なんかコレおかしいヨ!」って早めに直してもらっておけば、最新のMacBook Proに目移りせずにいられそうだったなぁと(笑)

修理に出している間、辛抱できるかどうか……(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする