BlackBerryがハードウェアの開発製造を終了。「次」は何にしよう?

BlackBerry

BlackBerryがハードウェア(=スマホ端末)の開発製造を今年度をもって終了することを発表したそうです。

 

BlackBerry、スマートフォン生産の打ち切りを発表

(以下、リンク先記事より引用)

BlackBerryは現地時間9月28日、スマートフォンの生産を打ち切ると発表した。同社は、Googleの「Android」ソフトウェアを採用することでユーザーの関心を取り戻そうとしてきたが、苦境から脱することはできなかった。今後、ハードウェアの設計と開発は他社に委託して、ソフトウエア事業に注力する。

同社最高経営責任者(CEO)を務めるJohn Chen氏は声明で、「社内におけるハードウェア開発をすべて終了し、パートナー企業に委託する計画である」と述べた。現在、インドネシアを拠点とするBB Merah Putihをパートナー企業に挙げている。

 

以前からBlackBerryは買収やらいろんな噂がありましたけど、今回の発表で「これで本当に終了ね」と、妙に納得しました(苦笑)。

残念なのは間違いないですが、仕方ないなぁと。世の中のニーズが、OSはAndroidとiOS、端末はiPhoneやGalaxy、NEXUS、XPERIA等々の状況なので。

周囲を見渡しても、BlackBerryの端末を見ることはほとんどないし(苦笑)、「ポケモンGO」ができないので、近くの公園の「ポケモンGO」スポットにいる人(常時数十人)も誰一人BlackBerryを使っていないし(笑)。

 

ただ、ハードの開発や生産をパートナー企業に委託する計画とのことなので、OEMにして「BlackBerry」ブランドは残すのかもしれないし、端末の開発にもBlackBerry関係者が関与(協力)するのかなぁ、とか考えられます。そうだとすると、意外とダメージは大きくないかも(笑)。

 

いずれにしても、

 

今までのBlackBerryと同じ感触のQWERTYキー付き端末を継続して!

 

っていう、それだけは個人的に希望しています。

BlackBerryを使っている最大の理由が「QWERTYキー付きであること」なので、これだけは残ってほしいなぁと。OSはアンドロイドでもiOSでも構わないし、もうメーカーもどこでもいいです。いろんな意味で安全なら(笑)。

他のメーカーのQWERTYキー付き端末を触ったことがあるけれど、あの心地よい打鍵感(っていうの?)はBlackBerryにしかないので、アレが残っていれば最高なのですが……

世の中のニーズを考えれば「却下」ですかね…(苦笑)。

 

来年発売予定との噂があり、買おうかと思っていた「BlackBerry Mercury」も先行きが不透明になったので、次に購入する端末もゼロから考え直そうかと思います。そう思うといろんな選択肢が出てくるので、意外と楽しめるかも(笑)。

BlackBerryのパートナー企業からどんな端末がリリースされるのかにも注目しようと思います。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール