無敗ボクサー同士の対戦連発。パッキャオ復帰戦より面白そう

ボクシング

フロイド・メイウェザーJrが49戦全勝で引退して1年以上経ちました。

マニー・パッキャオが現役復帰するので注目されそうですが、今月から無敗ボクサー同士の対戦が連発するので、個人的にはそっちの方が楽しみだし注目しています。

 

 

無敗ボクサーの予定カード

ローマン・ゴンサレス

軽量級3階級王者で、日本では「ロマゴン」と呼ばれているようです。
45戦全勝38KO。あと4勝でロッキー・マルシアノとメイウェザーの記録に並ぶのも凄いけれど、それと同じくらいKO率の高さが驚異的です。

試合を見ていて「上手いなぁ」とも思うけど、それ以上に「強い」。

ディフェンスはリカルド・ロペスの方が上手だったなと思うけれど、攻撃力、破壊力ではゴンサレスの方が上です。相手が初めからガチガチのディフェンスに徹しないと、判定まで行かないんじゃないか?、っていうぐらい(笑)。
それだけに見応えがあります。

 

9月10日に4階級目(WBCスーパーフライ級)に挑戦するようで、相手(カルロス・クアドラス)も36戦35勝1引き分けと無敗です。
ゴンサレスが勝つんじゃないかと思いますが、無敗同士の対戦で展開が予想できないので楽しみです。少なくともしょっぱい試合にはならないでしょう。

 

ゲンナジー・ゴロフキン

以前にも書いたことのあるGGG(トリプルG)。
ミドル級3団体(WBA、WBC、IBF)の統一王者で、この階級では間違いなく最強でしょう。

GGGも、35戦全勝32KO。最後の判定勝利は8年前(!!)なので、近年は圧倒的な強さです。
ミドル級で世界チャンピオンを目指す村田諒太選手にとっては、「ラスボス」的存在ではないかと(笑)。

 

そんなGGGが、これまた9月10日にケル・ブルックと対戦します。

ブルックも36戦全勝ですが、ウェルター級のチャンピオン。スーパーウェルターを飛び越してミドル級での初挑戦で、しかも相手が最強GGGなのでちょっとリスキーな気がしています。

GGGが圧勝するんじゃないかとじゃ思いますが……

 

セルゲイ・コバレフ

ライトヘビー級の3団体統一王者で(WBA、IBF、WBO)、WBCのダイアモンド王者(「ダイアモンド王者って何やねん!」って思いますが(^^;))。

31戦30勝1引き分け(26KO)とこれまた高いKO率で、しかも引き分けは相手の後頭部にパンチが入ってしまって、試合続行不可能になったことによるものです。とにかくおそろしい破壊力です。

私の尊敬するバーナード・ホプキンスにも勝ったことも注目する理由の一つです(ホプキンスは判定までよく頑張った!)。

 

で、そんなコバレフが11月19日に対戦する相手は、「神の子(Son Of God)」アンドレ・ウォード。
映画「クリード」で、めちゃめちゃ強いボクサー役を演じていました。

ウォードも30戦全勝と無敗ですが、こちらは「判定上等」スタイルの上手い(巧い)ボクサーという印象です。
なので、破壊力抜群のコバレフと、どんな展開になるのか注目しています。

噛み合うかもしれないし、全然噛み合わないかもしれない(笑)。

 

無敗ボクサーが2ヶ月ほどで3人減るかもしれない(汗)

ボクシングファンにとっては楽しみなのは間違いないですが、無敗ボクサーが2ヶ月で3人減るかもしれないと考えると、贅沢な対戦カードの連発だなぁと感じます。

(引き分けになれば、一応無敗は続きますけどね(^^))

 

逆に言うと、上記の6人が突出していて、「潰し合い」をしないと大きな興行ができないのかもなぁと思ったり。

メイウェザーが引退して、パッキャオも1年足らずで「引退→復帰」で、なんだかなぁ…だし。

 

でも、上の3カードはどれも面白そうです。
個人的には、ゴンサレス、GGGとウォードに勝ってほしいです(敢えてのウォード(^^))。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール