ランのお供、GPS付き時計を買い替えた

ランニングの時に必ず着用するアイテムの一つ、GPS付き時計を買い替えました。

これまで使っていた「GARMIN Forerunner910XT」から「GARMIN Foreathlete735XTJ」に。

「Forerunner」と「Foreathlete」の違いはほとんどない

「Forerunner」から「Foreathlete」にしたのですが、違いはほとんどありません。

「Forerunner」は外国での名称で、「Foreathlete」は日本国内での名称です。
実質的に同一で、機能的に一つだけ違いがあります。

それは、「日本語表示できるかできないか」。

「Forerunner」は、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語等さまざまな言語に対応しているのですが、日本語は非対応です。なので、日本語対応モデルとして「Foreathlete」シリーズには「XT」に、日本語対応を表す「J」が付いています(「XT」は「Cross(X) Training」のこと)

今まで使っていた「910XT」を日本語非対応モデルにしたのは、「Forerunner」と「Foreathlete」が同時発売ではなかったからでした(笑)

日本語非対応の「Forerunner」が先行して販売されていて、「Foreathlete」はだいぶ後(半年後ぐらい?)に発売されました。「910XT」の外見と機能に一目惚れした当時の私は、日本語対応モデルの発売まで我慢することができず(笑)、「英語でいいや」と即買いしたのです。

今回は両者がほぼ同時の発売だったので「日本語対応の方がいいかな」と。

買い替えたたった一つの理由

購入して4年ほど経った今もまだ「910XT」は十分使えるのですが、たった一つの理由で買い替えを決断しました。

それは、

心拍計が時計に内蔵されるようになったから

です。

今までのものは、心拍数を計測するやつを胸のベルトに着けてトレーニングする必要がありました。

心拍計測用ベルト。使用した感がハンパない(苦笑)

心拍計測用ベルト。使いまくった感がハンパない(苦笑)

胸にベルトを着けること自体は煩わしくないのですが、トレーニングをすればベルトが100%汗ばみます。それを放置すると臭いも雑菌もヤバそうなので(笑)、使用の都度洗って乾かして…をするのですが、これがちょっと……(苦笑)

特に、週末や連休に連日トレーニングやレースをする時には、「乾くかなぁ?」とか「洗わなくてもいいかなぁ?でも明日臭そう……」とか、余計な心配やちょっとだけ悩ましい選択(洗濯ではない)をしていました。
これがなくなるのは大きいなぁと思ったのです(笑)

レビューが書けない!(苦笑)

ここまで書いたところで時間をけっこう使ってしまい、レビューまで書けないことが判明しました(苦笑)

すでに開封して一度使用しているので、レビューは後日書きます。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする