海外旅行に行って円高を利用しないテはない!…ということで「AIR FOAMPOSITE ONE PRM」を購入した

先週の旅行中は、「1ドル=101.00円」前後のレートでした。
なので、「これを利用しないテはない!」ということで買い物も少ししました。

久しぶりに購入したバスケットシューズは、ナイキ「AIR FOAMPOSITE ONE PRM」。
かつてアンファニー・”ペニー”・ハーダウェイが使用していたシューズの、オリンピックカラーです。

旅行前に候補を5つ挙げていた

旅行前に、「これを買う!」と1点には絞らずに、複数の候補を挙げていました。
いいなと思うものが、どれも品数の少なそうなものばかりだったのと、実際に現物を見て「ちょっと違うかな…」と感じることも想定してのことでした。

結果的に、そうしておいて良かったです。

購入候補として挙げていたのは、

  • AIR FOAMPOSITE ONE PRM
  • LeBron XIII ELITE
  • AIR FORCE 180 Low(1992年オリンピックモデル復刻版)
  • LeBron XIII
  • AIR ZOOM FLIGHT(1996年オリンピックモデル復刻版)

でした(優先順位も上から順に)

アンダーアーマーのS・カリーのシューズも一応検討したのですが、旅行前に現物を見て「ちょっと違うかな…」と。
感覚的なものなので、理由が説明しにくいですが(苦笑)

日本で買うと高い…

候補に挙げたシューズはどれも日本未発売モデルではなく、日本でも購入可能です。
でも、お値段がお高いのです…

例えば「LeBron XIII ELITE」は、旅行先(ハワイ)ではUSD200.00で売っていましたが、日本では定価34,560円のようです(ソースはナイキのサイト)。

他のシューズも調べると、モノによって日米価格差は大きかったり小さかったりのようですが、どれも「1ドル≧120.00円」でないと「米国価格>日本価格」にはならなさそうだったので、「旅行に行くなら、あっちで買った方がいいな」と判断しました。

やっぱり思いどおりにはいかない…

「行った最初のショップに、候補に挙げた全モデルの自分サイズの在庫があって、そこから選んで……」というのが理想ですが、当然そういうふうにはならず。

最初に行った2店舗(いずれもFootLocker)には、候補5アイテム中3アイテムしかありませんでした(LeBronの2つに、180 or ZOOM)。第1候補にしていた(そして最終的に購入した)FOAMPOSITEがなかったので、妥協せずに探しました。

「LeBron XIII」シリーズは日本では高いし、かっこよくて軽かったけれど、ミッドソールのゴツさが気になったので(苦笑)やめときました。180もZOOMも良かったし、予算が豊富なら欲しかったですが(笑)、「どうしても欲しい!」という感じではないのと、他にも買いたいものがあったので(笑)、グッと我慢しました。

で、3店舗目に入ったショップでたまたまFOAMPOSITEを発見。
見た目も良かったので即買いしました(笑)

米国ではUSD249.99(税抜)でした。
日本では30,240円(税込)だったので良かったです♪

FOAMPOSITEは、ペニーが現役だった当時にオリジナルモデル(ブルーのやつ)を購入して愛用していたので、履き心地は知っていたし(ちょっと重いけどいい感じ)何よりかっこよくて目立つので(笑)、数年前にもパープルのやつ(通称「Eggplant」)を購入していました。

今回で3足目のFOAMPOSITEですが、これは「飾っておく」用ではなく、バリバリ使う予定です(これからやっていくインドアスポーツ用に)

ゴールドのペニーのロゴや、星条旗をモチーフにしたインソールも良いアクセントになっています♪

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする