NBAもサッカーも選手移籍情報のキャッチアップが大変(苦笑)

今に始まったことではなく、ここ15年近くずっとそうなのですが(苦笑)、サッカーでもNBAでも選手の移籍がこの時期めまぐるしくて、情報のキャッチアップが大変です……

ネットがあるからまだいいけれど、もしも20年以上前のようにネットが普及していなくて、雑誌や新聞しか情報入手手段がなかったら……と考えるとゾッとします(笑)

NBA、移籍多し(苦笑)

NBAは「常時」と言ってもいいくらいで(笑)、シーズン中でもすごいですが、シーズンオフは特に選手の移籍やトレードがたくさん発生します。

把握しているところでは、

  • ケビン・デュラントがOKCからGSWへ
  • デビッド・ウェストがSASからGSWへ
  • ドゥウェイン・ウェイドがMIAからCHIへ
  • デリック・ローズがCHIからNYKへ
  • パウ・ガソルがCHIからSASへ
  • ハリソン・バーンズがGSWからDALへ
  • アンドリュー・ボーガットがGSWからDALへ
  • ドワイト・ハワードがHOUからATLへ
  • ラジョン・ロンドがSACからCHIへ

(※チーム名を全て略称にしました)

等々あるようですが、これもまだ一部のようです。

毎年そうですが、今年もやっぱり大変(苦笑)

サッカー、こっちも移籍多し(苦笑)

サッカーは国をまたぐので、30チームしかないNBAより多いのは当然かもしれないですが、それでもビッグネームの移籍は毎年のように発生しています。

大物どころでは、

  • ポール・ポグバがユーベからマンUへ
  • ズラタン・イブラヒモヴィッチがPSGからマンUへ
  • ダニエウ・アウベスがバルサからユーベへ
  • アルバロ・モラタがユーベからレアルへ
  • ナニがフェネルバフチェからバレンシアへ
  • マッツ・フメルスがドルトムントからバイエルンへ
  • レナト・サンチェスがベンフィカからバイエルンへ

等々。

NBAもサッカーも、上記は2016年7月21日現在の情報なので、リオ五輪をはさんでいろいろ発生しそうです。

で、サッカーの場合は、監督の異動も激しくて、これも把握するのが大変です。
注意しないといけません(笑)

この時期は、まだ実感がない

このシーズンオフになりたての時期は文字情報しか入ってこないので、「ああ、○○は△△に移籍するんだ」と思っても、正直まだ実感がありません。

新チームでのプレーもユニフォーム姿も見ていないし、背番号も分からないので、イメージしづらいというか…

サッカーだと、8月中旬あたりにプレシーズンマッチが始まって、新ユニフォームや背番号やプレーするところを見て、初めて実感するような感じです(NBAなら9~10月あたり)

こっちの方の「お勉強」が、私にとっての「夏休みの宿題」かも(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする