4年ぶりに行ったライブ。歌の素晴らしさだけでなくプロとしてのカッコよさに惚れ惚れする

昨日は私が大好きな歌手、浜田麻里さんのライブに行きました。

一昨年の30周年記念ライブには行けなかったので、2012年の「Legenda」ツアー以来、実に4年ぶりでした。

もう、シビレました(笑)

CD(いや、iPod)で何度聴いても素晴らしいけれど、やっぱりライブは格別でした。

行った人にしか分からないアイテム(笑)

行った人にしか分からない(?)アイテム

素晴らしいのは、なんといっても歌のクオリティの高さです。

TVの歌番組や他の人のコンサートを見ていると、CD(というか、レコーディングしたもの)の歌と実際の生歌に「差」を感じることが多いです。
海外の有名ロックバンドでもそれを感じます。

ほとんどの場合「CD>>>ライブ」で、歌番組やコンサートを見ていて「まあ、ライブだもんな」とか「レコーディングは何度もやり直せるからなぁ」と思うこともあります。

最近は10何年ぶりとかで活動再開したバンドや歌手もいて、若い頃に聴いていた曲を久しぶりに聴く機会もあるけれど、キーが下がっていたり、歌い方が変わっていることもあります。そんな時、「ああ、以前のように歌うのはもう厳しいんだね」なんて、ちょっとした残念さを感じることもあります。

でも、浜田麻里さんは20~30年前の曲でもキーを変えずに以前と同じ、いや、力強さもプラスして歌いつづけているのがすごいです。ハードロックもバラードも全部、CDリリース当時と変わらない歌声で歌います。

「全盛期」がいつなのかよく分からないくらいです(笑)

高音の長いシャウトなんか普通にキツイはずなのに今でも凄いので、ライブを楽しみながらも、その凄さに圧倒されます(苦笑)

でも、これだけの歌唱力を維持しているのは、プロ意識の高さの表れだと感じます。

日頃からボイストレーニングやコンディション調整も入念にしていないと、若い頃の声量や高音域を維持することはできないはずです。それはスポーツでもそうだし、多くの仕事でも同じだと思います。

それに、年齢を重ねるごとにトレーニングの量を増やす必要があるだろうし、量だけでなく質も高めないとパフォーマンスの維持向上は難しいはずです。

昨日も、4年前の曲を4年前と同じように、25年前の曲を25年前と同じように歌っていたけれど、その裏にあるものを想像すると(持って生まれた才能もあるでしょうけど)、ライブでのパフォーマンスだけでなく、プロとしてのあり方・姿にも惚れ惚れしてします。

「自分が約20年後に還暦を迎えて今と同じように仕事ができるか?」と考えると、「ヤバいぞ!ウカウカできないぞ!」とケツを叩かれた気分にもなります(苦笑)

昨日のライブでは、聴きたかった曲が多く聴けて大満足でした。

最新アルバムのお気に入りの曲は全部聴けたし、一昨年の30周年ライブのDVDでしかお目にかかれなかった「Historia」も聴けたので、お腹いっぱいでした(笑)

これで今年の夏は、昨日の余韻に浸りながら乗り切れそうです♪

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする