リオ五輪バスケ「チームUSA」。「ドリーム」でも「ベスト」でもないけど、十分強そう

リオ五輪のバスケットボールアメリカ代表の登録メンバー12人が正式に決まったようです。

得点王&レギュラーシーズンMVPのステファン・カリーや、ファイナルMVPのレブロン・ジェームズ等参加しないビッグネームも多いですが、金メダルを獲得できそうな強いメンバーが揃っているように感じます。

「ドリームチーム」と言えるのは、24年前のチームだけ

「オリンピック」、「バスケットボールアメリカ代表」で連想される言葉に「ドリームチーム」があるかと思います。

でも、後にも先にも「ドリームチーム」と言えるのは、1992年バルセロナ五輪のアメリカ代表以外にないと思っています。

あのメンバーは今でも強烈です。
もう二度とない史上最強チームでしょう(その意味でも本当に「ドリーム」です)

詳細を書くと止まらないので割愛しますけど(苦笑)、「ジョーダンがいたこと」のインパクトは絶大です。

今回のメンバーにも「ジョーダン」はいますけど、「ドリーム」の方の「ジョーダン」は、デアンドレじゃなくてマイケルの方です、もちろん(笑)

今回不参加を表明した選手が参加したとしても、92年の「ドリームチーム」ほどのインパクトはなかっただろうと思っています。

今の「ベストチーム」を見たかったけれど、仕方ない

今の「ベストチーム」を見たかったなぁというのは、本音としてもちろんあります。

ウェストブルック、カリー、レブロン、レナードが同じチームでプレーするところとか、想像したらそれはもう……(笑)

ただ、プレイオフであれだけ大激戦をしたばかりだから、疲れや小さなケガはまだ残っているでしょうし、万一リオで大ケガでもしたら来季、ひいては将来のキャリアにも影響するかもしれないので、ビッグネームが参加しないのは仕方ないとも思っています。

登録12人のチームでも十分強い

今回の米国代表12人は、以下の通りです。

ケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー)

カーメロ・アンソニー(ニューヨーク・ニックス)

カイリー・アービング(クリーブランド・キャバリアーズ)

クレイ・トンプソン(ゴールデンステート・ウォリアーズ)

ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステート・ウォリアーズ)

ハリソン・バーンズ(ゴールデンステート・ウォリアーズ)

カイル・ラウリー(トロント・ラプターズ)

デマー・デローザン(トロント・ラプターズ)

ポール・ジョージ(インディアナ・ペイサーズ)

ジミー・バトラー(シカゴ・ブルズ)

デマーカス・カズンズ(サクラメント・キングス)

デアンドレ・ジョーダン(ロサンジェルス・クリッパーズ)

「ベスト」ではないけれど十分強いと思います。体格面でも攻守でもバランスがとれていると思うし、穴らしい穴はなさそうです。

(デアンドレのフリースローはどうにか改善してほしいけど…(^^;))

個人的には、GSWの3人が特に活躍するんじゃないかと期待しています。

他の国だと、スペイン(ガソル兄弟やルビオがいる)とか開催国ブラジル(ヴァレジャオ、スプリッタ―、ネネイがいる)にも注目しますけど、アメリカ代表に勝つのはやっぱり難しそうだな、と。

20点差以上の圧勝というのは少なく、決勝トーナメントからは接戦になる可能性が高いと思っているので、そこでのアメリカの勝負強さに注目して見たいです。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士