アスリート史上2番目の「ビリオネア」はレブロンか!?

レブロン・ジェームズがナイキと生涯契約を結んだことは昨年書きましたが(スゲーっていう内容(^^;))、その金額が総額で10億ドルに達するそうで、レブロンがアスリートで2番目の「ビリオネア(Billionaire)」になりそうです(今後のお金の運用にもよるでしょうけど)

レブロンとナイキの生涯契約、金額は10億ドル以上か

レブロンとナイキが「生涯契約」。すごい!うらやましい(笑)、そして名誉なこと
レブロン・ジェームズがナイキと「生涯契約」を結んだそうです。 ナイキがレブロンと生涯契約、44年の歴史で初 ......

(ちなみに、アスリートで最初の「ビリオネア」はマイケル・ジョーダンです)

アスリート史上初の「ビリオネア」はやっぱり「あのお方」だった
昨日、米誌『フォーブス』が発表した、2015年の世界長者番付に関する記事がいくつか出ていました。 日本人トップの経営者が世界では何位だった......

当初言われていた倍の金額だったのか!

「おお!これは!」と、去年書いた記事を見てみたのですが、この時はデビッド・フォークさん(ジョーダンのエージェント)が4~5億ドルと推測していました。それでもとてつもない金額なのですが、その倍だったとは!Σ(・□・;)

レブロンは現在31歳。今後50年間契約が続くと仮定して、毎年約20億円。
とんでもない金額です……(-_-;)

「ジョーダン」ブランドのようにバスケ以外に展開するのかもしれない

個人的には、レブロンのブランドは引退後も継続するのは難しいんじゃないかなと思っていたのですが、ナイキとしてはイケると踏んでいるのでしょう。

もしかしたら今のジョーダンブランドのように、レブロン引退後は「究極のアスリートのためのブランド」的な位置づけで、バスケに限らずいろんな競技にも展開するのかもしれませんね。

ジョーダンブランドが既にいろんな競技に展開しているので(ちなみにボクシングの「GGG」ことゲンナジー・ゴロフキンがジョーダンブランドと契約しています)、これがヒントかなぁと。

ジョーダンのジャンプマンマークはサッカーにはちょっと合わないけど(苦笑)、レブロンのマークなら「サッカーでも使っちゃえ!」ってなるかもしれない(笑)

世の中とかけ離れているけど(笑)、夢はある

「総額10億ドル」とか「毎年20億円」って、ちょっと想像できない金額ですけど(笑)、夢があっていいなと思います。

レブロンはNBAのルーキーイヤーから見ていますけど、ここまで凄い化け物(失礼!)になるとは思っていませんでした。努力の継続の賜物なのだろうと思うし、まだ進化しそうなので、今後も楽しみです。

まだまだ先の話ですけど、引退後はどうするのでしょう?

キャブズのオーナーにでもなるのかなぁ?

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士