ちょっとでも「ん?」と思ったら、しっかり確認しないといけないという反省

昨日、おとといと書いたユニフォーム関連のことですが、ケタが一つ違っていたようです……(苦笑)

好きなチームのレプリカユニフォーム。シーズンが終われば使い道はどちらか。
好きなチームのレプリカユニフォームを買って観戦(応援)に行ったり、実際に自分がプレーをする時に着用したりする人は多いです。 バルサの今......
ユニフォームのスポンサー契約「年間96億円」は意外と高くないのかもしれない
チェルシーがアディダスと契約中だったユニフォームのスポンサー契約を、途中解約してナイキに変更したという記事が出ていました。 ア......

こんなニュース記事がありました。

今季の世界レプリカユニホーム販売枚数トップ10 3クラブが驚異の300万着超え!

トップ10のランキングと販売数は以下のとおり。

1位 バルセロナ 363万7000着

2位 バイエルン・ミュンヘン 331万2000着

3位 チェルシー 310万2000着

4位 マンチェスター・ユナイテッド 297万7000着

5位 レアル・マドリード 286万6000着

6位 パリ・サンジェルマン 221万2000着

7位 アーセナル 205万5000着

8位 アトレチコ・マドリード 197万7000着

9位 ユベントス 167万8000着

10位 ACミラン 128万7000着

おそらく、ですが、上記数字が正しいと思われます。

数字が違いますが、海外にこんな記事もありましたので。

いや、先日のやつにはソース元の記事の数字どおりに書いたのですが、考えてみれば年間で3000万枚も売れるなんて多すぎるようなぁ、と(苦笑)。大ヒットした音楽のCD売上枚数とかを考えれば、3000万枚は異常値です。

言い訳したいけど(苦笑)、言い訳より反省。

少しでも「ん?」と思ったら、時間をかけてでも確認しないといけないなぁと改めて思った次第です。

で、そう考えると、昨日書いたクラブチームとのサプライヤー契約も、けっこう高い金額じゃないかという結果に……

「レアル、採算悪いじゃん」っていう話になりますね(苦笑)

まあ、そこはベイルやクロース、ハメスらによるスパイク宣伝効果も兼ね合わせればいいのでしょうか。

何はともあれ、やっちまったので気をつけないと。

はい。気をつけます。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする