ユニフォームのスポンサー契約「年間96億円」は意外と高くないのかもしれない

チェルシーがアディダスと契約中だったユニフォームのスポンサー契約を、途中解約してナイキに変更したという記事が出ていました。

アディダス社と契約解除したチェルシーの金満化が加速! ナイキ社とサッカー史上4位の年間96億円契約結ぶ!

その金額が年間約96億円(6000万ポンド)とのことで、最初は金額だけ見て「うわ!高い!」と感じたのですが、意外と高くないのかも…と思い直しました。

【5/20追記】やっぱり高いです…(^^;)

先日ユニフォームの年間売上枚数について触れたので、それをもとに「契約金額/売上金額」がどれぐらいなのか、ざっくり計算してみました。

好きなチームのレプリカユニフォーム。シーズンが終われば使い道はどちらか。
好きなチームのレプリカユニフォームを買って観戦(応援)に行ったり、実際に自分がプレーをする時に着用したりする人は多いです。 バルサの今......

チェルシーの場合、年間売上枚数が3102万枚とのこと。1枚当たりの売上単価を仮に8,000円とすると、売上金額は2481.6億円になります。

契約金額96億円をこの2481.6億円で割ると、約3.87%となります。

感覚的に「売上金額の10%近くがチームとの契約金になるのかなぁ」なんて思っていたので、「あれ?意外と低い」と感じました。

(いや、額で見ればやっぱり高いですけど (^^;))

チェルシーを含む他のチーム(売上枚数上位5チーム)について見てみると、こんな感じでした。

レアルが高いですけど、人気がブレないチームだからいいのかな、と(笑)

毎年のように3000万枚前後売れるチームなら、年間100億円ぐらいの契約金は、メーカーとしてはそれほど痛くなさそうです。

(売上枚数に大きな虚偽がないことが前提です(^^))

【5/20追記】上記売上枚数はどうも1桁多かったようです……

ちょっとでも「ん?」と思ったら、しっかり確認しないといけないという反省
昨日、おとといと書いたユニフォーム関連のことですが、ケタが一つ違っていたようです……(苦笑) こんなニ......

そう考えると、上のリンク先のニュース記事にあるマンチェスター・シティの約19億2000万円(ナイキと)は「破格の安さじゃないのか!?」とも思うのですが、売上枚数はベスト10に入らず、1300万枚に満たないようなので「まあいいのかな」とも思ったり(笑)

それにしても「ナイキのチェルシー」って、まだ想像できません(苦笑)

個人的にはアンブロ時代がかっこ良かったので、あの当時のような雰囲気があるといいなぁと期待しています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする