「zura」?「monge」?海外でも「妖怪ウォッチ」がTV放映されていた

旅行中にホテルの部屋でまったりしている時に子供がTVを点けると、たまたまアニメ専門チャンネルがあり、「妖怪ウォッチ」が放映されていました。

その名も「Yokai Watch」(笑)

そして、キャラクターの声は英語でした(笑)

完全外国語化はさすがに不可能か(笑)

キャラクターのセリフは「日本語→英語」に吹き替えになっていましたが、オープニング/エンディング曲は日本のものそのまんまでした。

なので、旅行先にいながら「ゲラゲラポーのうた」や「妖怪体操第一」を子供たちと聞くハメに(苦笑)

見始めた時に「キャラクターの名前や妖怪登場時に出てくるお札のような名前はどうするんだろう?」と思っていたのですが、さすがにそれらは日本語でした。

私と子供が見たのは「妖怪カゼカモ」の回だったので、始まってまだそれほど経っていないのかと(って、なんでそんなに詳しいんだ?(^^;))

妖怪カゼカモは、「ヨゥカイ カァゼカモォ」と言っていました(笑)

コマさんのセリフが…(笑)

日本語のセリフを外国語にする時に、方言のようなものはどう表現するんだろう?というのも疑問の一つですが、コマさんのセリフがその疑問を解決してくれました(笑)

日本では「無理ズラ~!」というセリフが、英語では

「Inpossible zura!」

とされていました(笑)

「……ズラ」は「……zura」(笑)

そして驚いたときの「もんげ~!」は、そのまんま「Monge!」でした(笑)

海外でもウケている?

オリジナルを知っているイチ日本人としてはセリフの英語化が面白かったし、子供たちも面白がって見ていました。

現地の人に通じているのかは分かりませんでしたが、実際にTV放映されていたし、帰国してからYouTubeを見ると英語字幕を入れた動画もたくさんあったので、外国でもウケているようです。

まさか日本を離れても「妖怪ウォッチ」を見るとは思わなかったけど(苦笑)、「ズラ」や「もんげ~」のような言い回しの英語吹き替えを知ることができたのは貴重な経験だったのでした(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする