「可愛い子に旅をさせる」前に「可愛い子と旅をする」(笑)

「可愛い子には旅をさせよ」ということわざがあります。

いろいろな経験を積んで成長していってもらうための言葉で、その通りだと思うし、いずれそうさせるでしょうけど、その前に「可愛い我が子と旅をする♪」ことも大事にしたいと思っています。

子供と一緒に旅行できる期間はそんなにない

上の子供が小学生になり、家族一緒にしっかり旅行できるのは夏休み、冬休み、春休みだけになりました(GWやSWもあるけど、高いので回避(^^))

小学生になる前は、妻と自分が同時に有給休暇を取得できるタイミングならいつでも可能だったけれど、一昨年から「子供の学校が休みで、かつ、妻と自分が休める時」となりました。小さいようで意外と大きい変化を、この2年間で体感しています(苦笑)

時期的に限られてきたのと同様に、「いつまでも親と一緒に旅行してくれるとは限らない」というのもあります。もう数年経てば友達と出かけたり遊ぶのが楽しくなるので、家族旅行となると「えぇ!? ヤだよぉ~…」なんて言われかねません。

10代の頃の自分がそうだったので(苦笑)

「旅」も少しずつさせ始めている

小学生の娘には、「旅」も少しだけさせています。

1年生の時から夏休みに、お友だちと3泊ほどのキャンプ旅行に行かせてみました。娘がお友だちとなら行きたがるのと、親も「お友だちとなら大丈夫だろう」ということで(笑)

初めて行かせた時は「ホームシックになって夜シクシク泣いてないだろうか?」と心配したものですが、帰って来た時に「あっという間だったよ~。もう何回か泊まりたかった~!」とブーブー言っていたので、心配しただけ無駄でした(苦笑)

去年も夏休みに英語のキャンプ、冬休みに雪山のキャンプに行かせてみました。他の学校の友だちが出来たり、東京ではなかなかできない川泳ぎや雪遊びを体験して、良い経験になっているようです。

これがもう少し大きくなると、短期留学、はたまた長期留学等にまで発展するのでしょうけど、子供の成長の糧になるなら惜しまずにさせたいなぁと思っています。
子供への「投資」です(笑)

子供との旅行は一回一回が大事

子供との旅行は毎回大事にしています。子供の「○歳の頃の思い出」の大きな一つになってほしいのと当時に、父親としても「子供が○歳だった頃の思い出」として残しておきたいのです。

なので、本格的に子供に旅をさせる前に一緒に旅をして親子でいろんな経験ができればなぁと。

ということで今夜から家族旅行♪

普段エラそうにしているパパが海外で英語に四苦八苦しているのに対し、いつも優しいママがペラペラとネイティブばりに英語を話しているコントラストを見て、英語の重要性を感じてくれればいいかなぁ、なんて(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする