栄養、限界、良し悪し、投資…読書と食事は似ている

独立してから、意識的に時間を見つけては読書するようにしています。

これまでの読書不精(というか、視野の狭い読書しかしてこなかったこと)を反省し、遅れ(?)を取り戻すべく、時間を見つけては本を読むようにしているのですが、「読書って食事と似てるなぁ」と思うことがよくあります。

読書と食事が似ているところ

「栄養」は体に取り込み、残りはそのまま体を素通りする

食事を摂ると、必要な栄養は体内に吸収して、不要なものは体外へ排出されます。

読書でも、重要な箇所やフレーズは自分の知識なりノウハウとなって仕事や人生の糧になるけれど、残りは自分にアタマには残らず、そのまま素通りします。

(体が勝手に行う点では似ているけど、食事での栄養取り込みは意図した通りにできないのに対し、読書ではインプットしたいものを意図した通りにできるところは違いますね)

取り込める「量」には限界がある。「質」の良し悪しもある。

食事によって体内に取り込める量に限界があるのと同じように、読書によってアタマにインプットできる量にも限りはあります。

また、食材に良いものとそうでないものがあるのと同じように、本にも良い著者とそうでもない著者がいます。そして、美味しい料理・マズイ料理があるのと同じように良書とそうでない本もあります(個人によって良し悪しの見方は様々だけど)

それに、時間や手間暇をかけた渾身の料理や本もあれば、カンタンにササッと作られたものもあります。

ベストセラーだからといって、それが自分にとっても良書であるとは限りません。行列のできるレストランが必ずしも自分にとって良いお店であるとは限らないのと似ています。

自分にとって大事だから慎重に選ぶ

食事も読書も、自分の将来への「投資」的要素があるので、テキトーには選ばないようにしています。

食品なら添加物がたくさん入っていないかとか注意するし、本なら胡散臭い著者や内容じゃないかとか、自慢話ばかりじゃないかとか見るようにしています。もちろん、自分の見抜く目も完璧じゃないので、買ってから「ああ、失敗したなぁ」と思うこともありますけれど(苦笑)、だんだん失敗は減ってきていると思います。

食べられる量にも読める量にも限界があるので、できるだけ良いものにしたい、というのも同じです。

これからも自分の目で良いもの・良さそうなものを選んで、カラダもアタマも進化させつづけようと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする