ヴァンダレイ・シウバが日本で現役復帰決定。でもまだテンション上がっていない…

ヴァンダレイ・シウバの日本での現役復帰が正式に決定したようです。

PRIDE時代は好きな選手の一人だったのですが、UFCでタイトルを獲ることなく日本に戻ってくるので、いちファンとしては少し複雑です……

日本では試合ができる

引退することになったきっかけは、UFCでのドーピング検査に関するアレコレだったようで、ラスベガスでの試合を管轄するネバダ州アスレチック・コミッションによる出場停止処分は今もつづいているようです(UFCでも出場停止処分を続けているのでしょう)。

でも、ラスベガス(およびUFC)で試合ができないだけで、日本の興行で日本で試合することまでは止められていません。「国際MMA協会」のような組織がないから、どこかの興行での処分が他の興行や地域にまで及ぶことがないのです。

復帰初戦は「グラップリングダブルバウト」

そんなわけで日本で復帰するようですが、復帰初戦はグラップリングマッチのようです。

打撃なし。絞め技か関節技で勝負を決める試合です。

しかも「ダブルバウト」という、いわゆるタッグマッチになるようです。ダブルバウト自体は以前からZST(ゼスト)で行われていたけれど、実際の試合を見たことがなかったので(苦笑)、どんなものか興味深いところではあります。

プロレスのようなツープラトン攻撃とかはないのでしょうけど(笑)

その後はどうする?

グラップリングマッチは「顔見せ」的な位置づけでしょう。
次の試合からはMMAをやるようなので、そこから本格復帰なのかな、と。

ヘビー級でやるという話も出ているようですけど、正直「う~ん……」です(苦笑)

UFCではライトヘビー級でもパワー負けしている感じがしたし、ミドル級(83.9kg)前後が適性体重じゃないかなぁと思うのですが……(ウェイトのコントロールは大変でしょうけど)

ヘビー級でやるとしても、キング・モーには勝てないような気がしています。ヒョードルに勝つのも難しいでしょう。

とはいえ、今のシウバを見てみないと分からないので、やっぱりしばらくは様子を見ようかと思います。

今回の復帰の目的が「若い選手たちよ、俺を踏み台にしろ!俺を超えてUFCをぶっ倒すんだ!」というメッセージ性のあるものだったらカッコいいなぁと感じるし、関心を強く持ちそうですけど、今のところよく分からないので保留です(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士