しっかり睡眠をとるには早く寝る!睡眠は大事

忙しい時、したいことが多い時にやってしまうのが、睡眠時間を削ること。

そういう時に生活のリズムが乱れたり、コンディションを崩したりしがちなので、自分への戒めのために(苦笑)睡眠の大事さが書かれた記事を読みました。

やっぱり眠ることは大事だと痛感します。

読んだ記事5つ

探せばたくさんありそうだけど、たくさん読んで睡眠時間を削ってしまっては本末転倒なので(苦笑)、5つだけ選んで読みました(順不同)

睡眠を変えれば、働きかたが変わる 6つの良いこと

今すぐ短い睡眠をとるべき7つの理由

眠れていますか? 各年齢別のベストな「睡眠時間」がありました

「羊を数えてはいけない」「寝不足は太る」−−睡眠学者が教えてくれた〝眠り〟に関する6つの真実。

これを知ればもっと眠りたくなる 寝てる間に脳がしている4つのこと

「これでもか!」というぐらいに(笑)眠ることの大切さが書かれていました。

パフォーマンス維持向上のための睡眠

「なるほど」と思ったのは、睡眠が注意力、忍耐力や記憶力、想像力を高める働きをする、というところ。

眠っている間に、起きていた時に入ってきた情報を整理、復習して記憶させてくれるなんて思いもしなかったけれど、たしかに睡眠時間を削っていた時ほどケアレスミスやド忘れが多かったかも…というのはよく思い当たります(苦笑)

ここ数年は減ってきているものの、よく眠れていないと、起きてすぐに「全然眠れてねーよー」とイヤな感じだったこともあったし(苦笑)、パフォーマンスの維持向上のためにも大事なのだと改めて。

健康のための睡眠

「そうだよなぁ」と感じたのは、眠ることが免疫力を高めるという内容。

今までの風邪をひいた時のシチュエーションを振り返ると、睡眠時間が短かった時がけっこう多かったなぁと(苦笑)。会計士試験の受験時代だったり、監査法人時代のド繁忙期だったり…。ここ数年、風邪をひくことが激減している(ひいてもすぐ治る)のは、睡眠時間とか生活リズムの安定化が少なからず影響していそうだと改めて感じます。

そういえば、風邪をひいた時にすることも睡眠でした。

「健康のための睡眠」も大事です。

「ショートスリーパー」のことも書いてあったけれど、自分がそれではないことはすでに十分理解しています(笑)

早く寝るしかない

とはいえ、睡眠時間を過度に意識するのもどうもなぁ、とも思います。

「このぐらい睡眠をとらないといけない!」ではなく、「このぐらい睡眠をとっておけばよさそうだ♪」ぐらいの意識でいようかなぁと。

でも、朝は走りたい(笑)

となるとやっぱり早く寝るしかないので、夜更かしをせずに寝るのが自分にはベストのようだという結論に至りました。子供より先に寝るわけにはいかないけど(苦笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする