ルールの確認、たまにはやった方が良い。

法的なルール、業界のルール、会社内のルール、スポーツのルール、自分の中のルール等々、いろいろなルールがあります。

自分に身近なルール、特に文書化されているものは、たまには確認するようにした方が良いなと思います。

日頃の行動の見直しができる

「○○をやってはいけない」のようなルールがあるのにやっちゃっていないか、とか、「△△の場合は、▼▼する」のようなルールが日頃ちゃんと守られているのか、とか、そんな見直しをする機会もたまには必要ではないかと思います。

ルールの勘違いに気づけるかもしれません。

金額基準や期間等の数字を誤って理解している可能性もあるし、適用範囲を誤っていることもあるかもしれません。

また、ルールが変わっていることに気づけるかもしれません。

知らないところで改定されたルールや、知らされていたけれどスルーしていたルールの改定を確認する機会にもなります。

誤ったルールの運用で不利益を受けることもなきにしもあらずだと思うので、確認の機会を作ることは大事かなと思っています。

知らなかったルールに気づく

大きな組織だと、様々なルールがあるでしょう。人事のルールや経理のルール、総務のルール、業務上のルール等々。

そんな中に、「え~っ!そんなルールがあったの!?」という発見もあるかもしれません。暗黙のうちにちゃんと適用されているルールもあれば、全く人の目に触れずスルーされているルールもあったりします(意外とそれがインパクトがあることもある)。

ルールそのものを見直す機会になる

ルールを確認してみて、「これって、実際どうなのよ?」や「このルール、変えないとダメなんじゃない?」というものもあるかもしれません。決めたのがだいぶ前なために、今の法規制や実状にそぐわないルールもあるかもしれません。

そんなルールを見直して改定・廃止する機会にもなるでしょう。

また、「ルールがあった方が良いのにない」という発見もあるかもしれません。ノールールなために現場で混乱が生じるとか、人によって運用が変わってしまうとか、そんなことがあれば新たにルールを設ける機会にもなります。

時間の確保は大変だけど…

そうは言うものの、そんな時間を確保するのは大変です。どのくらいの頻度でやるのか、にも唯一の正解はないでしょうし、費用対効果もあるでしょうし……

ルール確認のタイミングもルール化してしまっても良いのでしょうけど、それ自体をスルーするようになったら本末転倒だし(苦笑)

そう考えると、「ルールを確認しておこうかな」とちょっとでも思った時にエイッ!とやってしまうのが良いかなと思っています。

コンプライアンスの強化だけでなく、業務の効率性や体制・体質の見直しにつながるかもしれません。

そんなことを思ったので、今一度ルール確認をしようかと思った次第です。

自分の中のルールですけど(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする