寒かったレースで実験してみた3つのこと

昨日につづき、千葉マリンマラソン(ハーフマラソン)の話(苦笑)

天候が寒いレースになるし「テスト走行」的な位置づけで臨んだので、あれこれ実験してみました。

せっかくなので実験してみた

再来週にも同じ距離(ハーフ)を走る予定だったので、今回は「実験」も兼ねることにしました。

ロングスパッツを履いてみた

トレーニングでロングスパッツを履くことはほとんどなく(ロングパンツは履くけど)、レース時は夏でも冬でもショートスパッツ(ヒザ上まで隠れる程度の)が基本なのですが、「寒そうだし、いいか」ということでロングスパッツを着用しました。

ちょっとだけシュートボクシングの気分(分かる人には分かるでしょう(^^))

履いてみて思ったのは、スタートから2km走るぐらいは寒さがしのげて良かったけれど、5kmを過ぎたあたりからヒザ周りが締め付けられている感覚と暑さを感じ出しました…。

自分にはショートスパッツの方が良いようでした。今後は、寒さを防ぐならカーフスリーブ(ふくらはぎのサポーターみたいなやつ)ぐらいにします。

カーフスリーブだと、サイズを誤ると走っている途中にズルズル下がってしまうのでサイズ選びがカギですが(苦笑)

ネックウォーマーを着用してみた

寒かったついでに、ネックウォーマーも着用してレースで走ってみました。

冬の普段のトレーニングでは使っていますが、レースで使うのは初めて。スタートするまでは確かに寒さをしのげたと思いました。

でも、走り出すとちょっと暑い…(苦笑)。レースとトレーニングではペースと気合いの入り方が違ってくるので、身体の熱の出方も違います。途中で脱ぎ捨てたくもなりましたが(苦笑)、帰りに拾いに行くのもイヤなので(笑)そのまま着けて走りました。

今後は寒い日のレースでも着用しないでしょう……

時計をチラ見する回数を減らしてみた

これは寒さとは関係ないです(笑)

普段使っている時計(GPS付き)は、1km通過する毎にバイブレーターで知らせてラップタイムを表示してくれます。トレーニングの時もレースの時も、それを都度チラ見してペースの確認をしているのですが、今回はけっこう無視してみました。

ラップタイムを確認したのは、10km、15km、20km通過時のみ。結果的に、こんなタイムだったので、イーブンペースで走るには良いのかも?と思いました。

スタート~1km 4:53

1km~2km   4:47 

2km~3km   4:36 

3km~4km   4:37 

4km~5km   4:41 

5km~6km   4:38 

6km~7km   4:44 

7km~8km   4:43 

8km~9km    4:47 

9km~10km    4:47 

10km~11km  4:47 

11km~12km  4:44 

12km~13km  4:43 

13km~14km  4:49

14km~15km  5:34(※この時、トイレIN (^^;)) 

15km~16km  4:42 

16km~17km  4:54 

17km~18km  4:46 

18km~19km  4:55 

19km~20km  4:49 

20km~21km  4:48 

レース中にタイムを1km毎に確認すると、どうしてもその1kmのタイムだけで「ちょっと速い」や「ちょっと遅い」とリアクションしてしまい、次の1kmで頑張りすぎたりセーブしすぎたりして、ペースのコントロールに終始してしまいます。

それでちょうどいいペースを掴めれば良いのでしょうけど、自分の場合は頑張りすぎて消耗してしまう(そして、後半にペースが落ちる)傾向にあるので、頻繁にチラチラ見ないで(=気にしないで)走る方が良さそうだと感じました。

マラソンのTV中継で、5km毎にスプリットタイムが表示されたりしますけど、この「5km毎」というのは絶妙なタイミングなんだなぁと、今更ながら思います(苦笑)

次のレースに「すぐ」活かす

こういうのは実際にレースで試してみないと分からないものです。
日頃のトレーニングは「レースのため」とはいえ、やっぱりレースとトレーニングでは違います。

バスケでシュート練習ではバンバン入るけど、試合ではなかなか入らないことがあるのと同じことかな、と。

なので、何かの「勝負レース」がある場合は、その前に一度「脚馴らし」も兼ねた実験をしてみると良いなと、改めて思いました。

今回、タイムはイマイチながら(苦笑)良い検証が出来たと思っているので、次に活かすことができそうです。

  • ロングスパッツは着用しない
  • ネックウォーマーも着用しない
  • タイムは5km毎しか確認しない

を実行することにしました。

脚も「ハーフ仕様」になったので、次は100分、いや、もう少し速いタイムを(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士