覚えるのが大変なパスワード。定期的な変更が必要な場合のちょっとしたヒント

PC端末やアプリケーション、サイト等、アクセスにパスワードが必要なものは多いです。

ベタなパスワードだと不正にアクセスされる恐れもあるので、他人に分からないようなパスワードにするのが必須です。

こんなパスワードだと、たしかに危ない(苦笑)

「最悪なパスワード」2015年版ランキングが発表 1位は「123456」

スターウォーズネタにするのなら、「darkside」とか「c3por2d2」とか「maytheforcebewithyou」とか、そういうのにすればいいのに。

って、そういうことではなく(笑)、パスワード設定についてちょっとしたヒントになれば、というネタを少し。

やらない方がいいパスワード、他にも

前職時代、パスワード設定について「セキュリティのため、安易なパスワードはやめましょう」的なお達しが来た時に、同僚に

「お前、大丈夫か?」

と聞くと、自信ありげに

「大丈夫ッスよ!」

というので、試しにその人の名字を入れてみたらアクセスできた、という事例が2例ありました……

(その場で「お前、ヤバいぞ!」と注意したのは言うまでもありません…)

名字や名前をパスワードにするのはやめた方がいいです(苦笑)

「なるほど」と思ったパスワードネタ

前職では、90日毎に強制的にパスワードの変更をしなければならないツールもありました(過去に使ったパスワードも使えなくなる)

この場合、パスワード変更が必要になる都度「ああ、次は何にしようか?」と考えさせられたものですが、当時の先輩からいいネタを教えてもらいました。

それは、「通勤に利用している電車の駅を順にパスワードにする」というものでした。

東西線なら「nishifunabashi → barakinakayama → myoden → gyotoku …」という具合です。

これも良いなぁと思いました。

「パスワードが8文字以上じゃないとダメ」とか「大文字や数字も使わないダメ」という場合なら、今なら駅の記号&番号も組み合わせることができます。例えば半蔵門線の大手町なら「Z08otemachi」とか。これなら覚えやすくネタにも困らないのではないかと思います。

でも、例えば東西線の木場(Kiba)だと、駅の記号&番号を組み合わせても「T13kiba」と8文字に届かないので、工夫が必要になります(苦笑)

こんな時こそスポーツネタが役に立つ!

自分が「コレ使えるじゃん!」と思ったのは、チームスポーツの選手&背番号の組み合わせです。以前使っていた時期がありました。

私が使ったのは、一番感情移入していた1994年W杯イタリア代表のメンバーです。

順に、「1GianlucaPagliuca → 2LuigiApolloni → 3AntonioBenarrivo → 4AlessandroCostacurta ……」という感じです。

そこそこの文字数でしかも数字も大文字も使えるので非常に便利でした。そして、周りの誰もフルネームもスペルも正確に書けない(笑)

スポーツが好きな人にはおすすめです♪

ただし、クラブチームを使う場合は注意が必要です。

背番号が変わってしまう選手もいるので(苦笑)

個人的には、「○○年のXXXXXX代表」のように、背番号が変わることのないチームが良いと思います。

バスケなら「92年バルセロナ五輪のドリームチーム」も良いでしょう。「4ChristianLaettner」から始まり、「5DavidRobinson → 6PatrickEwing → …」っていう具合に。12人いるので、90日毎のパスワード変更なら3年(12×3ヶ月=36ヶ月=3年)もちます。

一時期、マイケル・ジョーダンネタで「Jordan023」とか「AirJordan23」とか連想できるものをあれこれ設定していたけど、途中で「あれ?何使っていたっけ?」となることもあったので(苦笑)、順番がしっかりしていて名前が固有のものが良いなぁと思いました。

終わりに

パスワードは自分で守るセキュリティの基本的なものだと思うので、「自分にとっては覚えやすい、他人には分からない」というものを考える必要があります。
そんな時のヒントになれば幸いです。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする