電子書籍デビュー♪パラパラ読む程度の雑誌には良さそう

今まで紙ベースの本や雑誌しか読まなかったのですが、電子書籍デビューしてみました。

第一印象として、「しっかり読む本は紙、パラパラ読む雑誌なら電子」の使い分けが良さそうに感じました。

きっかけはクーポン(笑)

今までずっと紙ベースの本・雑誌しか読まなかったのに電子書籍を利用することにしたきっかけはズバリ、クーポン(笑)

ネットでの本の購入にHontoを利用しているのですが(丸善や文教堂書店の店舗でもポイントを貯めたり使ったりできるので)、時々メールで来るクーポンの案内に電子書籍のお得なやつが多いためです。

向こう(Honto)の策略に見事に引っかかっているのでしょうけど(苦笑)、気が向いたので「ちょっと利用してみようかな」と思った次第です。

雑誌でデビュー♪

ただ、いきなりビジネス書籍を画面で読むのはちょっとツラそうだと予想したので(笑)、雑誌を購入してみました。

ユベントス時代のロベルト・バッジョが表紙だった創刊号から愛読している『ワールドサッカーダイジェスト』♪

最近は立ち読みして買ったり買わなかったりなのですが(苦笑)、「画面で読むとどんな感じだろう?」というのが単純に興味津々だったので購入。税込価格650円だけど、ちょうど500円オフのクーポンが利用できたので150円でポチりました♪

利用してみて気づいたこと

PC用のアプリをインストールして雑誌をダウンロード。読み始めると、「意外と便利かも!」と思うポイントが3つありました。

1.かさばらない、捨てなくてもいい

『ワールドサッカーダイジェスト』だとA4よりもヨコ幅だけ少し大きいサイズです。そのため、冊数が溜まるとだいぶかさばります。

しかし、これが電子書籍ならデータ保存と同じなので、物理的にかさばりません。「ある程度溜まったら捨てる」という作業が不要なのは良いです。

2.スマホでも読める

PCだけでなく、スマホ用のアプリを使えばスマホからでも読めます(iPhone用とAndroid用のアプリあり)。電車で混雑していて本が出しにくい状況だったり、ほんのちょっとしたスキマ時間には、電子書籍で雑誌をサラッと読むのが良いかなぁと思いました。家で寝転がって読むのにもいいかも(笑)

3.紙書籍よりちょい安い

電子書籍は紙の書籍よりちょっと安いものが多いです。今回購入した『ワールドサッカーダイジェスト』も、紙だと700円のものが定価650円(いずれも税込)。ビジネス書籍を見ても、価格が「電子<紙」のものがけっこうあります。反対に「電子>紙」というのはなさそうです。

パラパラ読む程度の雑誌にはちょうど良さそう

以上を考えると、サラッと読む雑誌を電子書籍で利用するのがちょうど良さそうに感じました。

ちょっとしたスキマ時間に一部だけサササッと読めるし、かさばらないし、安い(笑)と来れば、雑誌にもってこいじゃないかと。

ビジネス書籍だと、本に書き込んだり線を引いたりすることも多いので、ちょっと向いていないかなぁと(苦笑)。こっちは引き続き紙のものを購入した方が自分には良さそうです。

これからは紙と電子の使い分けをしていこうかなと思いました。

お得なクーポンを利用できることが前提で(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする