メッシの「生涯バルサ」宣言に賛成。移籍しない方がいいと思う2つの理由

リオネル・メッシが通算5回目のFIFAバロンドールを受賞しました。

(ちなみに、「バロンドール(Ballon d’Or)」は直訳すると「黄金の球」、つまり○ンタマ(^^))

去年バルサがCL、リーガ、国内カップ戦の三冠を獲得したので、「まあ、メッシなんだろうな」と思っていたので予想通りでした(個人的にはアンドレス・イニエスタかハビエル・マスチェラーノに受賞してほしかった)

で、その受賞に際して「生涯バルサ」宣言をしたそうです。

メッシ 史上最多5度目のバロンドール受賞で“生涯バルサ”宣言

(以下、記事より引用)

昨年の表彰式では「未来は誰にも分からない」と移籍を示唆。最近は、恩師であるバイエルンMのグアルディオラ監督が来季指揮を執るとみられるマンチェスターCへの移籍も報じられた。しかし、この日は「バルセロナを出たくない。僕は我が家でキャリアを終えたいし、僕の我が家はバルサだ」と強調。「今年も全てのタイトルを獲りたい」と話したが、「5度のバロンドールとW杯優勝ではどちらがうれしいか?」と質問されると、苦笑しながら「W杯の方がいいかな」と答えた。

メッシはずっとバルサにいた方がいい

メッシが他のチームでプレーするのを見てみたいというのはありますけど、バルサから移籍しない方が賢明だと思っています。

理由は、2つあります。

「他チームのメッシ」は「バルサのメッシ」ほど活躍できなさそう

他のチームでバルサの時と同じように輝ける(活躍する)ような気がしないからです。

今のメッシは凄いです。現役最高選手と言っても良いでしょう(もちろん異論もありうるけど)

でも、それは「バルサのメッシ」だからです。「インテルのメッシ」や「バイエルンのメッシ」、「マンCのメッシ」が、今と同じようなパフォーマンスをするとは思えません。

メッシは13歳からずっとバルサ所属。少年時代から、同じくカンテラ出身のピケやイニエスタ、ブスケツとチームメイトです。お互いの特徴や動きを知り尽くしているからこそ、アイコンタクトだけでほぼ完ぺきに通じ合えるわけで。いや、もはやアイコンタクトすら要らない関係でしょう。

メッシがボールを欲しいタイミングにドンピシャでパスを出せる中盤~守備の選手は、意外といないと思います。なので、他チームに移っても前への飛び出しが空回りに終わることが多くなるんじゃないかと思います。

アルゼンチンのフル代表で「天下」を取れていないことも、それが要因の一つだと思っています。メッシがどこででも同じように活躍できる選手なのであれば、W杯で、少なくともコパアメリカで一度くらい優勝に導いているでしょう。ディエゴ・マラドーナがいた当時よりもチームメイトに恵まれているはずなので。

「生涯○○所属」の最後の選手になるかもしれない

以前書きましたけど、キャリアを1つのクラブチームだけで終える名選手が絶滅しつつあります。

ビッグクラブに「生涯○○」の選手はいなくなる方向っぽい
サッカーもNBAもシーズンが終わって、選手の移籍情報が飛び交っています。 既に移籍や退団が決まった選手もいますし、交渉中とかオファーと......

今のベテラン選手ではフランチェスコ・トッティが「生涯ローマ」で貫きそうですが、レアルでイケル・カシージャスまで放出されたので、セルヒオ・ラモスも怪しいです。あとはバイエルンのフィリップ・ラームぐらいでしょうか?

20代前半の若い選手は、どの選手も遅かれ早かれ将来一度は移籍を経験することでしょう……

そう考えると、バルサにまだ3人も生え抜きの主力選手がいるのは貴重です(メッシ、イニエスタ、ブスケツ)。チャビのように「余生は他チームで…」というケースもありうるけど、この3人には残っていてほしいなぁと思います。3人とも素晴らしい選手です。

他チームで見たいというのもある(苦笑)

もちろん、他チームでの姿を見たいというのはあります。マラドーナと比較する時に避けて通れない相違点だと思っているし、やっぱり他のクラブチームでプレーしたらどうなるのかは興味深いです。

でも、あくまで個人的な予想ですけど、難しいでしょう。
移籍の実現も、移籍先での活躍も。

なので、このままバルサでのキャリアを貫いてほしいなぁと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士