「しゃべるサングラス」で「ひとりランナー」が一人じゃなくなる?

私が愛用しているサングラスのメーカー「OAKLEY」が、スポーツ用のサングラス新製品を開発したそうです。

それがどうもiPhoneのSiriのように対話してくれるもののようです。

画像は以前発売されていた「THUMP」

これは以前発売されていた「THUMP」だけど、こんな感じ

しゃべるサングラス?

ソース記事はこちらです

私も愛用している「RADAR」シリーズのデザインに、イヤフォンが付いた形のもので、仮称で「RADAR PACE」と言われているようです。

記事によると、Siriに話しかけるように

「今日の俺のトレーニングは?」

と話しかければ、

「今日は○○km走ります」

という具合に答えたり、

「今のペースはどんな感じ?」

と聞くと、

「あなたにはラクすぎます。もっと上げていきましょう」

のような感じで答えてくれるようです。

イヤフォンは、記事の写真を見ていると(クレイグ・アレキサンダーがかけています)以前発売されていた「THUMP」シリーズのような感じです。「THUMP」は音楽プレーヤー機能がついたサングラスでしたが(プラスBluetoothでケータイと接続しての通話も可能だったような)、これと同じ形状でSiriのような機能が付くということのようです。

一人でも一人でなくなる?

どうやって使うのか、どんな機能があるのか、や発売時期、価格等は未定・未発表のようです。ただ、今のスマホのようにしゃべってコーチしてくれる機能が付いたスポーツ用サングラスが近々発売されるのは、確実なのでしょう。

一人でトレーニングしている時でも自分を追い込める人なら不要でしょうけど、途中でバテてくると「あぁ疲れた。ペース落とそう」ってなる人にはもってこいのアイテムかもしれません。「弱い自分」を少しプッシュしてもらえるというか。

ただ、(見た目)一人で走りながらブツブツしゃべっているランナーの姿を想像すると、ちょっとコワイかも(苦笑)

それと、自分なりのペースで走りたいのに「あなたにはラクすぎます。もっと上げていきましょう」と言われるとカチーンときちゃう人には向いていないでしょうね(笑)

個人的には興味があります。欲しくなるかも。

でも、「ないと困るか?」となると、そうでもないかも(笑)

もう少し詳しい情報を待って考えようと思います。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士