ファンハールの後任は誰がいいだろうか?

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファンハール監督が「いよいよ解任か!?」と言われているようです。

ファン・ハール、28日のチェルシー戦最後に退任浮上! 79年ぶりの5連敗か、意地の勝利で花道か

今季の成績なら仕方ないでしょう。CLではグループリーグ敗退、プレミアリーグでも勝ったり負けたりなので。

失点が少ないのはいいけれど(個人的にこれは意外でした)、攻撃陣がイマイチ。チーム最多得点がフアン・マタとアントニー・マーシャルの4得点では……

(チェルシーもジエゴ・コスタの5得点なので、FWがダメなのは共通しています)

200億円ぐらい使って補強してきてこの状況だと、もはや「投資失敗」と言ってもいいのでは?

すぐなのか、シーズン終了後になるのかはともかくとして、ファンハールから半年以内に監督が代わるのは確実でしょう(明日だったりして…(^^;))。そこで、それほど熱烈なマンUファンでもない第三者的視点(笑)で、誰がいいのか考えてみました。

グアルディオラ?モウリーニョ?

マンチェスター・シティ行き濃厚と言われているジョセップ・グアルディオラを狙っているとの報道もあるし、つい先日チェルシーから解任されたジョゼ・モウリーニョが後任になるという説もあるようです。でも、個人的に「どうかなぁ?」と思っています。

二人とも、ファンハールよりは上手くやると思います(笑)。けれど、今の(堕ちきった)マンUを立て直すには長期間任せられる(チームを強化・育成できる)監督の方が良いかな、と思っています。突貫工事的に強くして2~3年程度で他へ移ってしまう監督では、また次の監督次第で崩壊するんじゃないかと思います。

OBから選ぶ方がいい

やっぱりサー・アレックス・ファーガソン時代を知るOBから選ぶのがいいんじゃないかと思います。

監督もアシスタント・コーチもOBで固める。候補者はたくさんいます。ブライアン・ロブソン、スティーブ・ブルース、ペーター・シュマイケル、ギャリ―・ネヴィル、ポール・インス、ロイ・キーン、ポール・スコールズ、リオ・ファーディナンド等々。エリック・カントナでもいいと思います。少なくともファンからの支持はあるはず(笑)

監督としての年齢は若くても、ファーガソンさんやアルセーヌ・ヴェンゲルのように10年以上任せるぐらいのつもりで招聘して、「3年でプレミア優勝、5年でCL制覇、以降10年間はCLベスト4の常連になる」ぐらいのビジョンを持った方がいいんじゃないかと思うのです。そのぐらい今は堕ちてしまっていると思うので……

今季はあきらめた方がいい

チェルシーと同じで、今季はもうあきらめた方がいいでしょう。誰が1月から監督になったとしても、今季のプレミア優勝を求めるのは無茶振りです(苦笑)

今季は「残す選手・手放す選手」の選別に充てた方が良いです。その監督の好みで「ええ~っ!?この選手が!?」という意外な選手も出るでしょうけど、モイーズとファンハールが既にいろいろやってくれているので、それほどサプライズはないでしょう(笑)

どうなるのかはオーナーのグレイザー一族のみぞ知る状況でしょうけど(苦笑)、マンUがかつての強さを取り戻すまでには長い目で見た方が良さそうだと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする