ブログ毎日更新を1年間やってみて思ったこと・感じたこと

気がつけば、ブログの毎日更新をやって1年が経とうとしています。

2015年1月1日からスタートしたことにしていますが、その前にプロローグとして半月ほど毎日書いていたので、厳密には一応1年経過してしまっています(笑)

2015年の目標として掲げていたこともあり、半分意地もありましたが(苦笑)、どうにか目標達成できそうなので(多分…)やってきた感想を残そうかと。

やっぱりラクじゃなかった…

1年365日毎日欠かさず書くというのは、やっぱり容易ではありませんでした。

「○○へ行きました~」や「○○おいしい~♪」という写真付きの、TwitterやFacebookでも十分そうな内容ならまだしも、一定量の文章を書くとなるとそれなりに時間も必要なので(1日平均1時間ぐらい)、決してラクではありませんでした。時には「う~ん、今日は何書こうか…」とネタに困ることもありましたし(苦笑)、大変だったかも。

(あまり「大変」という言葉は使いたくないけど…)

ただ、それ上回る良かったことも感じられたと思っています。

感じたこと

実践による「やればできる」というマインド

1年間続けられて「やればできるじゃん」と、自分に言い聞かせられることが一つ増えたなぁと。

これまでウェイトトレーニングやランニング等を習慣化させていますが、さすがに「毎日」ではありませんでした(今も)。でも、このブログについては「毎日」が実践できたので(内容はともかくとして(^^;))、それは大きいと思っています。

上にも書きましたけど、今年の目標としていたので意地でやった部分も大きいですけど(苦笑)、それでも「やろうと思えばできるじゃん!」と自分に言えるものが一つできたのは良かったな、と。

カッコ良く言うと、「自分への証明」ってやつでしょうか(笑)

「毎日更新」を長いこと続けている人へのリスペクト

他方で、1年間続けても自分以外の人には「どんなもんじゃい!」と全然言えません。世の中には何年間も毎日欠かさず書いている人もたくさんいます。

環境は人それぞれでしょうけど、それに関係なく素晴らしいです。自分で1年間やってみて容易ではないことを身をもって実感したので、尊敬しかありません。

1年の間に風邪等で体調を崩すこともあるでしょうし、気分的に乗らないイヤな日や辛い日だってあるはず。旅行等で外出して、思うようにネットに接続できない・更新する時間を確保できないことだってあるはずです。

自分も苦戦した経験をしているので、ずっと続けている人は素直に「スゲーなぁ」と思うのです。

(体調を崩したり気分的にダメな日がなかったのは良かった)

「完璧主義の暗黒面」から脱却できそう

ブログを毎日書くようになるまでは、どうしても「しっかり書かなきゃいけない」「こんな出来では更新できない」と、100点に近いものを目指すような「完璧主義の暗黒面」が自分にあったように思います(今も完全脱却できていないけど…(^^;))

しかし、「毎日更新」と決めると、内容が何点かどうかなんか関係なく「書き上げたら即更新」になります。時間が限られているからそうせざるをえません。

後で自分の書いた内容を見て「うわぁ~薄っぺらいなぁ~」とか「誤字があるじゃんか~」と嘆くことも多々ありますけど(苦笑)、「完璧を目指さないでとにかく時間内にやるんだ!やり遂げるんだ!」という、時として必要な「非・完璧主義」を自分の中に構築するのには役立ったかなぁと感じています。

多分、今書いていることも後日振り返れば「うわぁ~」と思うのでしょうし(苦笑)

挑戦する価値はある!と思う

1年間やってみて、「ブログ毎日更新」は挑戦する(やってみる)価値はあると思っています。

特に、自分自身に「やればできるんだよ、俺は(私は)!」と証明したい人や「完璧主義の暗黒面」から脱却したい人にはおすすめです。

私自身は1年間365日続けることができたので、「もっとやろうと思えば続けられるかも」という根拠のない自信ができてきました(笑)

他方で、「もうやめる!」と決めれば、スパッとやめることもできそうですが(苦笑)

来年以降どうするか自分次第なので(こう言えるようになったことも良いところかも♪)、来年の目標をこの1週間考えてみようと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする