ヒョードルの対戦相手が決定。「復帰第1戦」と考えれば好カードかも

エメリヤーエンコ・ヒョードルの年末の対戦相手が、シング・”心”・ジャディブに決定したようです。

決して弱い相手ではないけど、「サプライズ」でもなかったなぁというのが第一印象です(苦笑)

「懸念していた選手」ではなかった(笑)

先日書きましたが、「まさかチェ・ホンマンやボブ・サップじゃないよな…」と思っていたので、それは良かったです(笑)

ヒョードルは誰とやるのか?やれんのか?
エメリヤーエンコ・ヒョードルの復帰場所はUFCではないようです。 今年の年末に行われる日本の「RIZIN Fighting World......

ただ、

「おおっ!そいつがいたかぁ!!」

っていう新鮮な驚きはなく、

「ああぁ。シングねぇ…」

っていう感じ(苦笑)。
以前から「シングらしいぞ」というウワサはネットで出ていたので。

個人的には、ほんのちょっとだけセルゲイ・ハリトーノフやギルバート・アイブルあたりを期待していました(笑)

シングは身体が大きいけれど動きが軽快な印象があるし、スタンドの打撃は強いと思います。K-1ルールでセルゲイ・ハリトーノフをKOしたこともあります。

なので、ビッグネームではないものの侮ることはできないと思っています。

ポイントはたった一つ

ただ、シングはMMAでまだ2戦しかしていないようなので、この試合のポイントはたった一つになると思います。

「ヒョードルがグラウンドに持ち込めるか(テイクダウンできるか)どうか」

です。

ヒョードルがテイクダウンできたらそのまま一本取れるでしょうし、できずにスタンド勝負を強いられたらシングが勝つ可能性大です。

ヒョードルはシングの懐に上手く入って組み付けばサクッと倒すでしょう。タックルではなく、組んだ状態からの柔道仕込みのテイクダウンはやっぱり上手いです。あとは、そこから立たれないように、サイドなりマウントをとって押さえ込めれば。ガードの上からでもパウンドできるので、とにかく上のポジションを取るのが先決でしょう。

シングとしては、体格差を利用してのヒザ蹴りと(打ち下ろすような)フックを上手く使いたいところだと思います。ヒョードルが懐に入ったところにヒザで合わせるとか、首相撲の体勢になれば面白いかなぁと。ショートのアッパーも有効かも。でも簡単ではないのでやってみないと分からない(苦笑)

「復帰第1戦」と考えれば良いカード。来年が本格始動!

ヒョードルなので、どうしてもビッグネームとの対戦を期待していまいますが、「復帰第1戦」だということを考えれば決して悪くはないかな、とも思えてきました。

ヘビー級の強者はUFCに集結しているので、「対戦相手を見つけるのが難しい」という事情も少なからずあるのでしょう。

ヒョードルの試合勘を取り戻すのも、対戦相手を見つけるのも来年からかな、ということで、年末はあまりドキドキせず冷静に見ようと思います(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士