チェルシー、モウリーニョ監督の解任を決定。仕方ないかもしれないけど・・・

チェルシーがモウリーニョ監督の解任を決定・発表したようです。

解任は仕方ない?

解任時点でのプレミアリーグでの成績は、16試合で「4勝9敗3引き分け」の16位。得点18に対し失点26と、たしかに酷い。GKクルトゥワをケガでしばらく欠いていたことを考慮しても失点が多いし、得点も少なすぎです。

得点で言うと、ジエゴ・コスタもペドロもファルカオも痛いです。16試合で3得点以上した選手は、ジエゴ・コスタ(3得点)しかいません。

ちなみに、得点ランキングでトップのジェイミー・ヴァーディ(レスター)は、同じ16試合で15得点です。チェルシー総得点の6分の5ですね……

今季のプレミアリーグの成績では、解任は仕方ないなとも思えます。10月にこんなことを書いていましたけど、年末になっても大して変わっていないですからね……

モウリーニョ監督を今は解任しない方が良いと思う3つの理由
チェルシーの今季の調子の悪さから、「モウリーニョ解任論」が時々記事に出てきています。 個人的には、【今は】解任しない方がいいんじゃない......

そして約2か月前に書いたものを見ると、チェルシーは直近6試合で3得点しかしていないことにも気づきます。

これは痛い……(>_<)

CLの行方は見たかった

ただ、個人的に好きな監督というのもあり、グループリーグを通過したチャンピオンズ・リーグ(以下、CL)で負けるまでは解任しないでほしかったなぁ、というのがあります。

CLでも敗退したら問答無用でしょうけど、グループリーグでは首位通過しているのでそこはまだ評価してもいいんじゃないかな、と。

もちろん1回戦でPSGにあっさり負ける可能性もあるので、チェルシー首脳陣としては「早めに手を打った」ということなのでしょう。

もうちょっと見たかったなぁ。
でも、1回戦が終わるまで待ってると3月になってしまうので、やっぱり仕方ないのかなぁ……

チェルシー後任監督は誰?今季は誰でもいいか(苦笑)

後任監督は、これを書いている時点では未定のようですが、誰になるんでしょう?

いや、誰が就いたとしても今季は辛抱でしょうね。選手、特にFW陣の不振が続いているし、監督交代でどうにかなるものでもなさそうなので。

誰がなるにしても、今季の残りは選手の残留/放出の選別に充てるのでしょう(もちろんチームのプレミア残留は前提で)

モウリーニョがいなくなったので、自分のチェルシーへの関心は4割以上減退です。
後任監督次第でまた戻るかもしれないけど(笑)

モウリーニョは次はどこへ?

モウリーニョ自身は次はどこへ行くのでしょう?

インテル復帰の噂もチラとあったけど、今マンチーニ監督下で好調だから、それはなさそう。

レアルの可能性もなきにしもあらずだけど、CRやクロースは「アンチェロッティさん最高!」のようなので(笑)、ベニテスの後任候補としては2番手以下ではないかなと。

プレミア、リーガ、セリエAとやってきたので、次はブンデスリーガとかリーグ・アンで見てみたいかも。でも、バイエルンやPSGではイヤ(笑)

モウリーニョは、チェルシーから契約解除の違約金として4000万ポンド(約73億円)もらえるそうです(汗)

それでも監督としてのサッカー熱が冷めることはなさそうなので、モウリーニョ本人は「それじゃあのんびりするか♪」とは思わないでしょうね(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする