欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦組み合わせ決定。いきなり熱い!

昨日、UEFAチャンピオンズリーグ(以下、CL)の決勝トーナメント1回戦(ベスト16)の組み合わせが決まったようです。

「潰し合い」のようなもったいないカードもあれば、「クジ運いいなぁ」と感じるカード(笑)もありました。

1回戦の対戦カード

組み合わせは以下の通りになりました(カッコ書きは現地日程)。

パリ・サンジェルマン vs チェルシー(2月16日&3月9日)

ベンフィカ vs ゼニト(同上)

ゲント vs ヴォルフスブルク(2月17日&3月8日)

ローマ vs レアル・マドリー(同上)

アーセナル vs バルセロナ(2月23日&3月16日)

ユベントス vs バイエルン・ミュンヘン(同上)

PSVアイントホーフェン vs アトレティコ・マドリー(2月24日&3月15日)

ディナモ・キエフ vs マンチェスター・シティ(同上)

一番目につくのが「2月23日&3月16日」の2試合です。
抽選の結果とはいえ、これはキツイ……

注目しているのは5試合

個人的に注目している5試合は、

  • パリ・サンジェルマン vs チェルシー
  • ローマ vs レアル・マドリー
  • アーセナル vs バルセロナ
  • ユベントス vs バイエルン・ミュンヘン
  • PSVアイントホーフェン vs アトレティコ・マドリー

です。

特に、パリ・サンジェルマン(以下、PSG)とチェルシーは、3年連続の対戦のうえに、2年連続で1回戦でぶつかります。

お互い1勝1敗で迎えてのラバーマッチ。「本当に抽選結果なのか?」と疑いたくなるような引きの強さ(苦笑)

今回特に注目なのは、チェルシー(というか、モウリーニョ監督)に後がない状況なことです。プレミアリーグでボロボロな戦績なので、CLで準決勝以上まで進まないと「最悪」と言える状況です。モウリーニョ解任論も強くなると思うので(それでもマンチェスターの某監督よりマシ?)、なんとしてでも勝ちたいはずです。

対するPSGも、リーグ・アンでは勝ててもCLではベスト8から先に進んだことがないので、ベスト4は悲願のはず。1回戦で負けていられません。

お互いCLは「絶対負けられない!」という状況なので、熱い試合になりそうです。

ローマとレアルは順当にいけばレアルでしょう。
ただ、1回戦で「波乱」があるとしたらこのカードかなぁ、とも思います。

アーセナルとバルサ、ユーベとバイエルン。もったいない……(苦笑)

ベスト8以降に当たるべき(と思う)カードです。勝つと予想しているのはバルサとバイエルンですが、勝ってほしいのはアーセナルとユーベです。もしユーベが勝てば、過去の傾向から今回こそ「ユーベ優勝」の可能性も考えられます。

ちょっとした法則発見。欧州CLで優勝するにはバイエルンに勝つべし
あまりネットや新聞記事を見ていないので、他の記事や書き込みと重複しているかもしれませんが、ふと思いつきました。 欧州チャンピオンズ・リ......

マリオ・マンジュキッチにとっては、古巣との因縁の(?)対戦。ゴールを奪ったらどう振る舞うのかにも個人的に注目しようかと。

古巣からゴールを奪った選手の表情は、いつも切ない・・・
近年のサッカー界は、選手の移籍がひっきりなしに行われているので、いわゆる「生え抜き」選手が年々希少化しています。 もはや「絶滅危惧種」と呼ん......

PSVとアトレティコは、実力的にはアトレティコだと思います。でも、オランダ勢唯一のPSVがここで負けると、オランダにとっては踏んだり蹴ったりなシーズンになるので(来年のEURO本大会には出られないし)、頑張ってほしいなぁと。

アトレティコも熱くて好きなチームの一つなので、やっぱり「もったいないなぁ」と感じます(苦笑)

コンディションがカギ

まだ2ヶ月あるとはいえ各国のリーグ戦は走り続けるので、どのチームもコンディションがカギになります。

ケガや疲労等のフィジカルはもちろん、直前の試合で勝つかどうかのメンタル面も大事かなぁと(直前にボロ負けしていたら影響が出そう…)。

今から楽しみです。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士