勝敗予想全滅(苦笑)…UFC 194&ロイ・ジョーンズ戦

メインの試合の勝敗を事前に予想して、見事に全部的中することもあれば、見事に全部外すこともあります。

昨日は、後者の方でした(苦笑)

昨日予想してみた試合3つ

昨日は、UFC194とボクシングでロイ・ジョーンズJrの試合がありました。
予想してみたのは、以下の3試合です。

~UFC194~

ミドル級タイトルマッチ
クリス・ワイドマン vs ルーク・ロックホールド

フェザー級タイトルマッチ
ジョゼ・アルド vs コナー・マクレガー

~ボクシング~

ロイ・ジョーンズJr vs エンツォ・マカリネッリ

左側の選手が勝つと事前予想していたのですが、反対の結果になりました(苦笑)

試合の経過はニュース記事を参照していただくとして、自分なりに感じたことを。

ロックホールド、強い!

ワイドマン vs ロックホールドは、ロックホールドが強かったです。ワイドマンが長期政権を築きそうだと思っていたのですが…

ロックホールドは、ヴィトー・ベウフォートに1Rで後ろ回し蹴りもらってKO負けした試合しか記憶になかったので、「こりゃワイドマンの圧勝かな」と思っていました。でも、直前の試合でリョート・マチダに圧勝していましたね。試合後にマチダ戦を見て、「こりゃ強いや」と納得でした。

相手の攻撃をよく見ているのと、相手がスタンドでバランスを崩すタイミングを逃さずグラウンドに持って行くところ、それとグラウンドでのコントロールが特に良かったです

ただ、長期防衛するかというと、どうかなぁと。根拠はなくて勘ですが(笑)

冷静さはやっぱり大事

アルド vs マクレガーはパンチ一発で決まった試合だったけど、「冷静だった方が勝った」という感じがしました。

始まる前からアルドの方がテンションが高すぎだったというか。挑発し合っていたし、長期防衛していたので自信もあったのでしょう。でも、それが裏目に出てしまったなぁと。

反対に、マクレガーが冷静にカウンターを合わせていたのが素晴らしかったです。試合前に挑発されても、試合では冷静さを失ってはいけないんだなぁと改めて思う試合でした。

ジョーンズはそろそろ潮時かも…

ジョーンズは元々フィジカルが素晴らしくてカッコいいボクサーだったし、今もスタイル自体は変わっていないものの、昨日の試合では動きのダイナミックさが全然なかったです。スピードも鈍っているし、コンビネーションも少なかった(それでも時々繰り出すコンビネーションは良いけど)。足もベッタリ止まることが多くなったように見えました。

それとディフェンス、特にスウェーが危なくて、かわし切れていないことが多かったです。感覚的に「来る!」っていうのは分かっているけど、身体が完全に付いて行っていないような感じがします(ここ数年の敗戦に共通)。

さらに、今回の試合では身体が丸くなったように見えたし、お腹の「シックスパック」は消えていました……

「減量」が大変だったというより、「増量」が大変だったのかもしれません。
ウェイトは197 3/4ポンドがリミットのところ、ジョーンズは193ポンドでした。

結局のところ、「適性階級」がなくなってしまっているように感じられます。ライトヘビー以下では、相手のスピードについていけない。クルーザー以上だと、相手に体格とパワーで負けてしまう…っていう。

元々フィジカルの良さを最大限に生かすスタイルだったので、46歳の今ではもう厳しそうです。全盛期の強かったジョーンズが好きだったので、昨日の試合はちょっと心が痛かったです。

ついでに言うと、トレードマークの「JORDAN」ブランドのボクシングシューズまで変わってしまっていたし(苦笑)

UFCまだあった

2015年のUFCは全部終わったかと思っていたら、来週もう一つありました。

ジュニオール・ドス・サントス vs アリスター・オーフレイムに注目しています。迫力のあるスタンド戦になるでしょう。

ドス・サントスが勝つんじゃないかなと思っています…

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士